読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

見直し


都会に遠征に行ってきました。

これで4週連続。


<結果>


1日目

夕方からの活動。約20声かけ。

0即、1連れ出し、2エルゲ。

 

2日目

昼前から夕方までの活動。約10声かけ。

0即、0連れ出し、0エルゲ。

 

1日目は調子良かったものの、2日目は散々。

それでは記憶に残ったところを。

 

<某イベントと地蔵について>


1日目の昼は私が地蔵の克服の練習をした

某イベントへ友人と参加。キャンギャルがいて、


・声をかけると女性も仕事だから必ず話をしてくれる

・ストリートはこれよりレベルが低い

 

だろうという観点から、ここで練習すれば

もし本当にストリートに出ても、

地蔵はしないだろうという考えです。

 

これが1年前の思考。

で、写真を取りまくっていたわけです。笑

友人にこの話をしますと、自分も行きたい、

ということで友人のアシストがてら行ってきました。

 

ところが今年は、写真を撮ってはみたものの、

どこか心は満たされず。写真撮っているようでは、

これでは自分の立場が下だと、

自ら証明してしまうような行為だからですね。

 

かわいい女性は確かに何人かはいましたが、

そこまで心が動かされるような女性は

今回は見かけなかったです。

 

この街にいる女性に、

同じような格好をさせても決して負けてはいない、

今はエルゲも連れ出しもできるので

つまりは手の届かない女性ではないということです。

 

ここはひとつ、去年より成長できた点かなと思いました。

女性を冷静に見ることができている。

と同時に、ストリートでしか満足できない男に

なってしまっていますね、笑

 

<カフェ連れ出し失敗>


夕方、もう帰る、という女性に声掛け。

個室が周囲にないので

カフェを打診すると拒否。

 

でも笑顔だったので腕を引っ張って

カフェへ連れていく。

 

で、やっぱりイヤだというので今度は

手つなぎをしてみるとこれまた拒否。


じゃあ仕方がない・・ということで

 

 

今度は肩抱きよせして

カフェの方向へ歩いていく。

 

手つなぎはダメなのに

肩抱きよせは一瞬ですが許しました。

 

しかしカフェ前で「もう帰る」連呼。

 

もうちょっと粘ってもよかったのですが、

エルゲして放流としました。

 

ラインならOKか・・なら

もう少しウデがあれば連れ出しできていましたね。

残念。

 


<連れ出し>


夜。雨はどしゃぶり。

幸いにも風はなかったので

傘をさせば活動はできる。

 

待ち合わせ中の女性へ声掛け。

 

これから男友達と待ち合わせのようで

連絡待ちの状態だったので

来るまで近場のカフェに連れ出し。

 

~時以降ならあいてる、

と言ってくれたのですが、

こちらにも用事があったので

アポ決めはせず。

 

また今度時間のあるときにでも。

 

<しつけ糸>


2日目の朝に気づいたのですが、

ジャケットのしつけ糸を取っていないことに

気がつきました・・。

 

自分の使う道具なのに

細部までチェックしていなく

手入れもできていないようでは、まだまだ。

 

しかし去年までは、

しつけ糸というものが存在することも

知らなかったので、成長した点ではあります;

 


<ガンシカほぼなし>


1日目は調子が良く、シカトされても

口を開かせることがかなりできました。

 

終始ガンシカを貫いたのは、たった一人だけ。

3分くらい粘りましたが追うのをやめました。

 


<ガンシカばかり>


そして2日目。前日と違って

ほとんどがガンシカ。


あなた、絶対私と仲良くなったほうが

良いですよ、

 

といった、

そこまでレベルの高くない女性ばかりでしたが

見事にシカトしてくる。

 

やれやれ・・イライラとの格闘です。

これはこれでいい。


イライラの克服もまた、精神を鍛える修行です。

余裕が大切です。

 


<向上点>


同じことを繰り返して

異なる結果を求めるのは気が狂っている。


今までのトークの見直しをしたり

振る舞いを見直すことに目を向けることができました。

 

2日目のガンシカについての理由も

また考えてみます・・。

時間帯?場所?こちらの雰囲気が悪い??

総合してダメだったのでしょう。


なんとなく楽しくなさそうなオーラが

出ていたのかもしれません。

 


<良かった点>


・ルックスの良い女性に対して

 ある程度冷静でいられるようになっているのを

 実感できたこと。


・雨でも関係なく活動したこと。

 

<神扱い?>


上述の友人が、

その友人に私のことを話したそうですが

すごいと褒めてくれていたようです。

 

合コン・お見合いパーティーで

満足のいく女性手に入れられていない男が


ナンパをやりたいなと

思いながらもずっと声をかけることが

できずにいた

 

声掛けができても

店員や講義など何かしら接点のある女性。

接点なしの女性には声掛けできていない

 


そしてストリートナンパを決意し

はじめは地蔵だったのが

今では自分の気に入った女性から

連絡先を聞いたり連れ出したりしている

 

これだけで神扱いなのです。

で、

 

クルクルゲットなどあり得るのか?

逆3Pもあり得るのか?

 

などと友人の友人が言っていたそうですが

「そのうちできるようになると思う、」

と伝えておきました、笑

 

連れ出しも経緯に過ぎないので

最終目的を見据えてウデを上げていきます。