鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

待てど来ず

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>


昼前から8時間の活動、39声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先1。





<忘れないうちに>


腰痛疑いを完治させておきたく

もう一度病院に行きました。



リハビリ室へ。



私は電気と針治療だ。

とまあそれは別にいいですが、

周りにいる患者さんを見ますと。



ご年配の方々や私より一回り上くらいのオッサンが、

器械で腰から下を引っ張ったり

首を引っ張ったりという治療をしています。

表情もやはり良くはない。



これを見まして、

「アンタもいつかはこうなるんだぞ」

と言われているような気がして

都会行きのバスチケットを

急遽予約したわけです。



これもシーディングのひとつですね。

今がイチバン若いんです。




<1連れ出し目>


さあ張りきって声かけを始めたはいいものの、

これから仕事とか友人と会うとか

さらには二人くらいから暴言まで頂いた。



そんな中、

予定まで少しだけ時間のある

女性をカフェへと連れ出し。



聞けば超エリートで

五流大学卒の私は冷や汗をかいてしまい

相手のほうが上なんじゃないかと

潜在的に考えてしまい

余計に頭が回らなくなる。



そういえばいつも決めつけではあるが

大学を聞いてしまうクセがあります。

ここからイジッてやろうとするのですが

逆にヤバいと感じてしまったパターン。



会話を考え直さなければ。



退店後、女性の予定の後にまた

デートを打診しますと

「いや、いいです、」

で終了。





<2連れ出し目、は無かった>


予定までもうすぐだという女性から

連絡先を入手しました。



感じが良さそうなので

連絡先を聞いてあげたのです。



活動中にやりとりしても

反応は良好で、女性の予定が終われば

デート成立というところでしたが、





終わらぬ。





いくら待っても当日デート確定の

連絡は来ず。




その時私は、終日フル活動していた

ツケが回ってきまして、

ほぼ歩き回れない状態でした。



ですので最後のほうは

メシ屋に行ったりベンチで座っていたので

活動はできていませんでした。



体力が足りない。

連れ出せないナンパ師の末路だ。

歩き疲れて終わる、、





一般人を避けられないくらいに

疲れてきたら仮眠を取る、という風に

ルールを決めて活動していますが、



2回目の

一般人を避けられないほどの疲労が

来たときはもう無理という感じでした。



風邪の症状にも似ていたので

葛根湯(引きはじめによく効く)を飲み、

バスの時間を前倒しして

早めにこの街を去りました。



無念。




<良かった点>


・酷暑の中、街に来て終日活動したこと。

・無視を崩せたこと。

・声かけ数を多くしたこと。

・水をたくさん飲んで体を気遣ったこと。

・一喜一憂する癖が無くなりつつあること。



<向上点>


・カフェで終始冷や汗だったこと。余裕が無い。


・暴言を巻き返せずに無視されてしまったこと。

そしてそれに少しの間イライラしていたこと。



<無駄に低反応多い>


今回も、よくがんばったのでは

ないかと思います。



歩くのもつらくなるなんて

久しく経験していない。



座学してから上陸したつもりが

まだ手応えを感じられませんでした。



座学の仕方も見直してまた出撃します。