一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

やっているつもりにならないこと


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


約4時間の活動、10声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連絡先3。

 

<1連れ出し目>


歩いている女性へ声かけ、

これから友達とメシに行くとのこと。


かなり妥協しての声かけです。

ギリギリできるかな?という感じです。

あまり選んでもいられない、

良いタイミングで発見したので声かけました。

 

時間にして10分もないくらいですが、

私の発した言葉ですごく笑ってくれて

気分はとても良かったです。


とりあえず連絡先を聞いて解散としました。

 


<2連れ出し目>


ある建物へ入ろうとする女性に声かけ。

こちらもタイミングがよく、

周囲にほとんど人がいない状態だったので

うまくトークが成立しました。


今まではこの場所での声かけが

うまくいったことがなかったです。

 

女性は遠方から来たようでして、

警戒心が下がっていたこともあり、

うまく連れ出すことができました。


いろいろ理由を付けながら少しでも

ホテルに近いメシ屋へ誘導。


そこでメシを食べ、退店後に

手つなぎテストを行う。

結果は、まあ良し。


しかし、ここを曲がれば

ホテルというところで綱引きが発生。


雰囲気的に80%イヤ、

というくらいだったと思います。

いつもならもっと強い拒否が出ますが

導き方や事前のカフェトーク

もう少しうまくすれば行けてたと思います。


ですが失敗したのは事実。

反省あるのみです。

 

<本気度>


結果を出している方は集中力が違う。

今回の遠征で他の地域で活躍されている

ナンパ師の方と話したときにそう感じました。


一挙手一投足を改善する気迫が凄まじい。

 

よく考えてみますと、

例えばラインなどではタイミングと言葉を

少しでもミスしただけで音信不通となってしまうのに


そういった細かな点まで改善していかなければ

うまくなるはずもないと感じました。


うまくなりたいと思いながらも

極端に言えば、自分はただボーッと

街に出ていただけだとさえも思えました。

 

細かすぎる作業の連続であっても

回数をこなせば落ち着いて対応できると

思いますので


自分を見つめ直す時間をもっと

とっていこうと思っています。

 

<良かった点>


落ち着いた声かけが少しできていたと思います。

 

<向上点>


間ができたときに自滅していくのを

防がなければいけない。


最初から終わりまでこれでしくじっている。

 

<目標の宣言>


期日ギリギリにやろうとして

いつも溺れてきました。

イヤな思い出ばかりです。


そんな私が宣言した目標は


3か月以内に

出会ったその日じゅうに抱く、5人分。

です。


また溺れることのないように

一日一日を大切に目標に近づいて参ります。