読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

自信

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


1日目は昼前から約13時間の活動、約30声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先2。

 

2日目は昼前から約9時間の活動、約10声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先3。

 


<喋らない女性>


1日目に連れ出したひとり目の女性。

声をかけてから普通に連れ出しできました、

 

が、

 

「はい」くらいしかまともに

クチを開かない女性でした。


yes or no 以外で答える質問には

黙り込む・・このタイプはマズい、、

しかも案内された席は隣とすごく近い。

カウンターならまだ良かったですが。

 


私は一気にカフェモカを飲み干し

すぐに退店いたしました。

 


飲み物が運ばれてくる前に

先に女性に退店されなくてよかったです。

 

喋らないのに

なぜついて来たかを考えました。

これは断りづらい雰囲気を

醸し出せていたのではないか、

と、良く捉えるようにしています。

 

 

<地元をナメられないこと>


1日目に連れ出した二人目の女性。

年齢的にアウトなのを後ろから見抜けませんでした。

 

既婚者で恋愛ノリは求めていないとのこと。

ああ、こういう感じですか。

理解者とノリ寄りのトークを少しして、

女性は予定があるということで解散

 

○○(私の地元の県)にも、

こじゃれた人がいるんだね、

 

と褒めて頂くことができました。

今後も我が地元をナメられないように

我が県の代表として

活動していきたいと思います。

 


<J○>

 

2日目の活動でひとり目に連れ出した女性。

待ち合わせをしているようでした。

 

人が密集している箇所で

待ち合わせしている女性への声かけは

周りに聞かれるので多少の苦手意識があります。

 

よく考えますと、もし しくじれば

そこを去ればいいだけですので、

深く考えずに声かけしました。

 

女性は待ち合わせ相手に

ドタキャンされて憤慨されている。

 

そこで、じゃあ行くかと連れ出し。

 

念のために年齢を確認すると

アウトでした、、大人っぽく

見えましたがこれでは

手を出せる個室には行けない。

 

そこでカフェへ移動しました。

女性はちょくちょく好みの男がいたら

ナンパしているとのことでした。

 

肉食女子でガンガン攻めていくそうです。

話していて爽快でした。

こういう女性が多いと楽しくなってくると思います。

 

もっと男を磨いて、

○年後にまた声かけます、

と言って解散しました。

 

 

<久しぶりの>


2日目、ふたり目の連れ出し。

友達を待っているとのことで、

近くの手を出せる個室へ移動。

 

すんなり移動できましたが、

ホント久しぶりの個室です。

 

しかし思ったより女性の友達が

来るのが早く、15分ほどで

解散となってしまいました。

 

楽しませていたらもっと遅れさせることが

できたのかもしれません。

 

<100キロ以上歩く>


この2日間で100キロ以上、

歩いてしまいました。

 

連れ出し以外は歩く、と決めて

活動しているので、

さすがに二日目となると ずっと

足が痛かったです。

マメが気になるという感じですね。

 

ケツのほうもイボがコンニチハ

している状態。

 

なので二日目の活動は

歩いてベンチで仮眠して、の繰り返しで

声かけをするエネルギーがありませんでした。

 

疲れないように

連れ出し率を上げていかなければ。

 


<シカトが少ない>


春だからなのか、連休だからなのか。

それとも私の悪いところが改善できたのか。


この2日間で完全に無視されたのは

片手で数えるほどしかありませんでした。

 

自分よりステータスが高そうといいますか、

無理そうだと感じてしまっている

女性に対して特に顕著に、とある傾向が

出てきていることに気がつきました。

 

それはフレーズの語尾を

伸ばしてはいけないということ。

 

初めてその技術を聞いたときは

そうなのか、と思っていましたが、

自分が弱気のときに

そのようになっているとは

その時は全く思っていませんでした。

 

強気の気持ち、強い口調、強い目線、

そしてしっかりとした姿勢、、

は少しできていませんでしたが、

それでも十分に無視を減らすことができました。

 

これが今回の遠征の大きな成果であり、

自信につながったと思っています。

 

もう無視させません。

 


<良かった点>


・今回も女性がルックスを誉めてくれたこと。

・前回よりたくさん声かけしたこと。

・断れない雰囲気を出せていたこと。

・声かけの初期が良くなったこと。

 

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・気持ちのコントロールをして

 ずっと声かけできるようにしたい。


・全く喋らない女性への対応を見直す。


・なにがなんでもその日に抱く、

 という気持ちを再度強く持つ。

 


<そのテンションでずっとやれよ>


今回の遠征では両日とも、

この都会にお住まいのナンパ師の方と

合流して活動した時間帯がありました。

 

コンビで、というわけではなく、

時間を決めてノック形式

(成果に応じて得点をつけて活動すること)

で活動しました。

 

そこではエネルギーを最高まで

高めて活動できるのに、

自分ひとりではテンションが

上がりきらないことがありますので

 

自分ひとりで気持ちを上げていけるように

自分のやる気のスイッチを

いくつも準備しなければと思いました。

ひとつやふたつではダメです。

 

声かけができなかったからといって、

すぐに解散してしまったからといって、

今回も抱けなかったからといって、


自分はダメな人間だとは思わないことだ。

自分をやさしい目で見ることだ。