一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

待ち合わせは得意なのかも

 

ストリートに行ってきました。

ここは地元でメインで活動している場所。

 

一番多いのはおそらく

金曜や土曜の夜でしょうが、

この時間帯に行くと100%、

会社の人間に目撃される。

 

昨日のお隣の県の活動エリアでも

過去にどこからか私の姿を目撃されていることが

あったので、非常に動きづらい。

 


<結果>


1時間の活動、1声掛け。

0即、0連れ出し、1エルゲ。

 

まあ良い結果です。

 

<内容>


ベンチに座っているまぁまぁな女性を発見。


「・・・見つけた!笑 これは逃がさないぞ」

 


しかし問題はベンチにびっしり人が

座っているということ。

 

しかし今はスマートフォンという

すばらしい道具がある。

 

座って待ち合わせをするフリができなくとも

立ったままでスマホをいじるフリをしてからの

声掛けは、意外と得意なパターン。笑

 

さぁこれをやろうかといったところで

ベンチの人が立ち去ったので

さらにやりやすくなり、ベンチに座ってからの

声掛けを行う。

 

するとカレシのお迎え待ちとのこと。

 

とりあえずさっそく連れ出し打診するも

NGだったため、彼氏の話を聞き出したり雑談したりで

距離を少し詰めてからエルゲを打診。

 

するとOKが。

 

え・・・OKなんかい;

友達に紹介してもらって、彼氏とは最近

付き合いはじめた、とのこと。

 


・・・最近なんでしょ。付き合い始めたのは。

 


声掛けのウデを磨くと、ホントに

とんでもないことになっていくな、と改めて

感じました。

 


<向上点>


彼氏が今、迎えに来るためにこちらに

向かっている・・・


という状況。ここで連れ出すためには

 


「すごく懐かしいトモダチに偶然再会して

 でもすぐにそのトモダチが県外の自宅に帰るみたいで

 今から飲みに行くことになった、

 迎えに来てもらっているのにゴメン」

 

といった言い訳を彼氏に連絡させるくらい

楽しませなきゃいけないと思います。

 

ここでエルゲに逃げず、連れ出す方法を

準備しておくべきだったのが向上点ですね。

 


<良かった点>


彼氏ができたばかりなのに

エルゲできたこと。

 


<ここ数日の活動について>


活動後に振り返ってみると

やはり余裕のある声掛けになっていると

感じています。

 

先日の1即が、良い方向に働いています。

目が血走っていないというか、笑

穏やかな心で声掛けできていると思います。

 

そしてどんな困難な状況でも

連れ出して即できる可能性はあるのではないかと

思えるようになってきました。

 

ひとつひとつの声掛けを大事にしていきたいです。