読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

焦りと安心

 

都会に遠征してきました。


ここにお住まいのとある女性から

来る頻度が高いと言われましたが

2週間に1回くらいのペースで

行きたいものです。

 

地元とは女性の数・質ともに全然違います。

 

<1日目の結果>


午後からの活動。45声掛け。

1即、2連れ出し、11エルゲ。

 

・・・1即です。

いつも通り0即ではありません!

ナンパ活動初の1ゲット目を

ストリート即で飾ることになりました!!

 

<2日目の結果>

昼前~昼過ぎまでと夕方少しの活動。

4声掛け。

1連れ出し、1道案内、1番ゲ。

 


それではいつも通り記憶に残ったところだけ

挙げていきます。

 

<罵声>


とある変わった恰好した女性に声掛け。


「ウザイ」

「人間の底辺」

「バカでしょ」

「(大声で)みなさーんここにバカがいま~す!!」

 

といろんなお言葉を頂きました。

ですがそんなものは私に通用しません!笑


気にならないように修行しているからです、笑

 

うっとうしいですし、バカですけど

底辺というのは間違いで

トップ1%の男、というのが正解ですね。笑

 

<1日目-1連れ出し目>


1日目は調子が悪く、真夜中まで

まったく連れ出しができませんでした。

ガンシカ多数・・。

 

しかし終電前になって飲み帰りの女性を

ようやく連れ出すことができました。


終電すぎるといけないからということで解散。

 


しかし本当のところは

「合コンとかで持ち帰ろうとする男はすぐに切る」

 

といった意の言葉にひるんでしまい、

ホテルの方向へ歩いていく決断が

できなかっただけでした。

 

その時はわからなかったですが、

これは女性の言葉を真に受けているという

ダメなパターンです。要修正。

 

<1日目-2連れ出し目>


これが初の即への連れ出しとなります。

日付変わったころ

 

店内で声掛け ⇒ バー連れ出し ⇒ ホテル


という流れで即となりました。

女性の中での偶然が重なって即しやすい

状況でした。

 

どのような偶然か詳細を話すことはできませんが 

彼女持ちの男性はご注意ください。

目を離した隙に別の男にヤられてしまいます。

 

 

ホテルが非常に高額でした。

超超安い宿しか取っていなかったので

寝心地は良かったのですが、

うかうか寝ていられませんでした。

 

 

<2日目-1声掛け目>


関東地方から来たという女性へ声掛け。

お店を探しているようで迷っていたようです。


目的地に案内しながら会話を楽しみました。

もうちょっと可能性あるなら番ゲを狙っても

良かったですね。

 

明るくやさしくふわふわした感じの女性でした。

標準語いいですね!

 

<2日目-2声掛け目>


魔女みたいな帽子をかぶっている女性へ声掛け。

私のことをスカウトとかだと思ったようですが

そうじゃないと言えばわりと反応良くなる。


もうすぐにでも電車乗らなければいけないようで

エルゲし放流。

 

<逆アポ>


ここで、前回遠征時にエルゲした女性から

なんと逆アポの打診。一緒に昼飯を食べることに。


本命の彼氏と遊びの彼氏がいて

遊びの彼氏と解散したあと地元に帰る前に

私にアポの打診をしてきたようで。笑

 

なにがしたいのやら。

遊びの彼氏のスペック的に太刀打ちできないので

こういった女性と過ごす時間はとても勉強になります。

 

相手に時間がなかったので

もうこちらから先に出ようと言って解散。

 

<3声掛け目>


ここから相方と交互に女性に声掛けを開始。

声掛けに行くも、しばらくはガンシカ。


で、苦笑いしながら「長い(しつこいね)」と

女性が口を開いてガンシカを崩しましたが

嫌悪の表情は変わらず。

 

気にせずトークを続けていきましたが

路地でクルマの往来が激しい通りにまで

来てしまった。

 

自分の命をかけてでも

手に入れたいほどの女性ではなかったので

あきらめることにしました。

 

自分の命が当然ながら一番大切です!

 


<4声掛け目>


待ち合わせ中の女性に声掛け。

女性がかなり驚いており

女性の体が私と逆の方向にそれていき

物理的距離が数センチずつあいていく。

 

しかし警戒心が少しずつとれてきて

なんと目の前のお店に連れ出しができました。

 

この「巻き返し」が

ナンパ師のウデの見せ所であり快感ですので

さらに技術を磨いていきたいです。

 

前日の1即にも負けないくらい

私個人的には感激したやりとりでした。

 

逆に私のほうに時間がなかったので

連れ出しはすぐに解散しました。

 


<反省点>


昼に連れ出しできなかったので

声掛けや振る舞い、雰囲気などを

見直していきたい。

 

<良かった点>


・1即した女性とのやりとりで

 最初から最後まで気を抜かなかったこと。

 

・反応の悪さを巻き返して

 女性を連れ出せたこと。

 


<これでスタートラインに立てた>


ストリートナンパを

本格的にやろうと思って

8か月ちょっとになります。

 

ずっと声掛けをやってきたのに

他の方は女性をゲットしているのに

自分だけゲットできず焦っていました。

 

勉強においても実戦においても

努力が足りていないだけなので

当然といえば当然です。

 

しかし1ゲットすることで

落ち着けましたので、余裕をもって

活動できると思っています。

 


歩きすぎて足の指にマメが3個

できていましたので、歩きすぎないように

(高確率で連れ出せるように)

あとは精度を上げていくのみですね!笑

 

今回も良い遠征になりました^^