読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

昼に勝ちたい

 

今日も夜勤だったため、ストリートへ。


昼のほうが、なんとなく

いい女性のいる確率が高い気がしますので

私は昼の活動が好きです。

 

 

<結果>

1時間10分の活動、2声掛け。

0即、0連れ出し、0番ゲ。

 

もうちょっと粘ってもよかったのですが

用事があったため、撤収しました。

 

<1声掛け目>


昼はいい女がいそう!

などと言いながらも3、40分は見つけられず。


で。


ようやく若そうなソロ女性を発見。

 

話は聞いてくれるものの


「いや、いいです」

「他の人誘ってください」

「○○(私の地元の県)で声掛けてくる人なんていない」

「お茶してるとこ知り合いに見られたらどうするの」


などのグダ。

もう少しウデがあったら問題なく

連れ出せていたのかな、といった感触。

 

警戒心が取れていない、つまり

楽しませられていないので、やはり

準備不足なのだと思います。

 

女性の発したフレーズの

ひとつひとつについて吟味し、

楽しませていく必要があると考えています。

 


<2声掛け目>


ベンチに座っている女性を発見。

この対待ち合わせパターンはわりと

穏やかな気持ちで声掛けに行くことができます。

 

歩いている女性の場合は

急に店に入られたり、

いきなり別の人物が出てきたりで

一瞬も気を抜けないです。

 

それに比べたら静止している女性は

少なくともはじめは逃げて行かないので

気持ちがラクというわけです。

 

ガンシカされると

何とも言えない気分にはなりますが;

 

で。

 

声かけてみますと、

近くのアパレル店員とのこと。

しかも休憩中。

 

連れ出しを打診すると悩んでいましたが、

見られるとまずい(女性にとって後々仕事がやりにくくなる)

と思ったので放流。


ここでの活動も、やりにくくなるので

店員に行くのは控えておこうと考えています。

 


<見逃しもありました>


最近、ラ○ライブ!というアニメを見ました。

 

スポ魂チックなストーリー、私は

結構好きだということがわかりました。

 

必死にがんばってきたのに

お客さんが誰も

ライブを見に来てくれていないというショックは、

(見ていない方へ:ネタバレすみません)

 

ストリートで声掛けをがんばっても

何の成果も得られなかったときの感覚に

わりと似ていると感じました。

 

で。

 

このアニメに出てくる「こ○りちゃん」

というキャラがいますが、

第一印象がこの「こ○りちゃん」

に似ている女性がいました。

 

今日のことですが、うろ覚えなのですが、

似たような髪の色で

そういうコスプレしていたからかも・・

ただし目が殺人鬼のようにきつかったです、笑

カラーコンタクトの影響?

 

で、すれ違いざまに声掛けようと

思ったのですが、女性のファッションが

微妙に小汚く、行かずじまいでした。

 

後から考えるともったいない。

気になったら絶対行くべきですね!

 


<反省点>


グダ崩しが説得になっていた。

 


<良かった点>


座学にしようか迷ったが、

ストリートに行く決心をしたこと。

 


<戦闘服>


2日続けて同じ場所で活動しましたが、


1日目:わりとマシなお出かけ服

2日目:ガチガチの戦闘服


で活動したところ。

ガチガチの戦闘服で歩いたほうが

気分も爽快で楽しいですね。

 

気分が乗らないお出かけ服は

部屋着にします。

 

 

<眠い>


まだ眠気のコントロールができていないので

昼の活動で支障が出ないような

昼寝のタイミング・時間などを見つけていきます。