鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

甘く見ていたわけではないですが


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から9時間の活動、11声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

さらに、、

 

<デート>


結末:ゴネられる

 

半年以上前に連れ出していた、

食いつきの良かった女性。

 

女性の方からいつ(この都会に)来ますか?

などと当時は連絡があったりしたが、

タイミング合わず放置していた。

 

しかし今回、

たまたま連絡してみたら

あっさりOKでしたので

 

「これはもらったぞ」

 

と思いながら

胸ポケットに大量にゴムを入れて

デートに臨みました。

 

しかし、以前よりもどこか

かわいくなくて話も盛り上がらず。

 

女性の話をうまく引き出せなかったり

自分の話が増えたり、

間が怖かったのかボディランゲージが

最悪な感じになってしまいました。

 

退店後も手つなぎを拒否。

ホテルには行けませんでした。

 

その後、時間はまだあるというのに

もう付いて来るなと言わんばかりに

何回もこちらの予定を聞いてくるので

「もう帰る」と言って

こちらから立ち去りました。

 

しかし、翌日。

向こうから連絡が来ました。

 

来ないと思っていたのに・・

トークで少し色恋が入ってしまって

いたかもしれません。


むしろ以前より

やりとりが続くように

なってしまいました・・

 


<声かけ>


完全無視はほぼ無かったものの

低反応や立ち止まらず、などなど

女性のこの先の予定を崩せず。

 

そして最後の最後、

カフェでベンチ型のシートが

あったので、

 

そこでこの記事を書きながら

ふと休憩がてらに

隣に座っていた女性に声かけますと

完全無視!

 

強めにもう一度声かけますと

さらに完全無視!!

 

何事も無かったかのように

私は再び

この記事の更新を続けました。

 

 

<良かった点>


・女性の遅刻時に他の女性に声かけしたこと。

 →当日連絡無しドタキャンの可能性も

  ゼロでは無かったので・・

  気持ちの切り替えは大切。

  まあ結局女性の時間勘違いでしたが。


・香水を使ったこと。使ったのは

 高校以来でした。


・疲れたときに仮眠を取り入れたこと。

 

 

<向上点>


・女性の遅刻にキレそうになったこと。


・女性とのデートが成立する前提で

 それに対して時間を確保しすぎたこと。

 今回の活動の1/3はこの女性に使ってしまった。

 女性が近くにいるかも、と恐れて

 声かけ数が少なくなってしまいました。

 

・健康トークで所々、女性に対抗してしまったこと。

 私の方が10才くらい年上なのに

 肌もスタイリッシュさも私の方が

 上回っていたかもしれないので、つい・・・。

 そっちはキレイになりたいなあ~程度かもしれんが

 こっちは肌とかスタイル、健康は死活問題だからな。

 

・怖くて恋愛トークができなかったこと。

 たまに流れてくるタイムラインから、

 男いなさそうと感じていたのもあり、

 実際のトークでそんなに盛り上がらなかったので

 恋愛トークに踏み込めませんでした。

 

・声かけのセリフがあまり出て来なかったこと。

 最初の2言くらいしか出て来ず。

 これはマズイ。復習です。

 

・意識的な立ち止めをすることを

 忘れていたこと。

 

・暴飲暴食、とまでは行かないが

 1人のときに余計なものを飲み食いしたこと。

 女性と食べたメシが気分的に

 おいしくなかった気がして

 良い気分で帰りたいと思って

 いろいろ飲み食いしてしまったこと。

 

<チェックリスト作ったぞ>


手も足も出ず街を立ち去ってしまった感が強く

「注意点を確認する」ということさえ

活動時に忘れていまして

 

悔しかったので

最近の活動を振り返りながら作ってみました。

 

PDFにして持ち歩き、日常生活や

活動前にチェックしていこうと思います。

 


【声かけ】


・自分の背筋、話し方、アイコンタクト、表情


・自然感。覚えているセリフを

 使っている感が出てしまっている。


・自分の状況説明が長ったらしい可能性がある。

 もっと簡潔に。


・時間帯と場所に合った、声の大きさとテンション
 

・相手のテンションが上がったら、こちらも

 テンション+1にする。


・細かいことでも盛り上げる意識が必要


・無視、低反応に対するフレーズが少ない。


◎まず、立ち止めを行う。

 立ち止まらなそうな場合は手を出して。


・より高い食いつきで使う言葉を

 選んでしまっている。


・ルックス指摘、反応指摘、向かう方向について指摘。

 →よりその女性に特化しているフレーズの選定が

  できていない。


・話の膨らまし方で気が付いたことをメモする

 →話したいときに話し、話題無いときは

  話さないというキャラの両立。


・感情の代弁が無意識レベルでできること

 →空気読めている感を出すことができる。


・女性が発した言葉が本心なのかどうかの見極め

 →口癖のように言っているが実は本心ではない、など。


・情熱

 →いくらでも次がいるから、と考えるのは

  失敗したときでいい。


・連れ出し時に当然感を出す


・ベストコンディションで臨む

 →女性目線になって考えること。

 →ニオイがついたりしたらシャワー、

  歯磨きを忘れずに。


・理由付け。自分のメリットを

 言ってしまっていることが多い。

 女性のメリットを言えるように。


・最先端のツールを使いこなせていない

 どんくさい男になっていないか。


・なりたい感情になれる、

 なりたい自分になれること。

 

【連れ出し】


・自分の姿勢(背筋)、話し方、アイコンタクト、表情


・より高い食いつきで使う言葉を選んでしまっている


・シーディングの種類


・不快感を感じても受け流し、自分には無理

 (こういう女は嫌だな、など)だとは思わないこと。


・自分がホテルに泊まっているということを

 トークの途中で匂わせる、挿し込んでおくこと。

 →雑談から直接ホテルを狙う場合。

  直前でホテル行くというと

  今からやります感が強くなる。


・恋愛トークへ移行時の不自然さを消す。

 また恋愛トークすることに怖がらないこと。


・自分の知っている内容で対抗しようとしない。


・なりたい感情になれる、

 なりたい自分になれること。