一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

雨でも関係なく活動します

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

約3時間半の活動、20声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先0。

 

<地元にて>


朝、地元のバス亭にて。

トイレから戻ってきたときに

雨宿り中のそこそこの女性を見かけましたが

声かけができませんでした。


何やってんだか。

地元で友人を作るチャンスだったのに

残念です。

 

<午後>


地下をメインに声かけ。

好みの女性があまりいなく

仕方なしに声をかけてあげると低反応・・

 

ここで強めに崩しに行きたいですが

それは時代に合わなくなってきたことなので

早めに見切りをつける。

 

<帰り>


他地域で活動されているナンパ師の方と

駅構内で声かけ。


2人組が一瞬だけ立ち止まってくれました。

女性同士で相談しながらUターンして

帰られてしまいましたが。

 

この日は好みの女性を見つけられず

この立ち止めのみが成果です。

 


<良かった点>


雨どしゃ降りでしたが活動を楽しめたこと。

次はどんな女性がいるんだろう、と

わくわくする感じを思い出せました。


普通の生活をしていますと

同じ女性(既婚の年上)しか

見ないので性欲は無くなっていきます・・

 

地元でも活動しなければ!

 

<向上点>


終始、単調、感情のない声かけに

なっていたと思います。

意識して直していきたいです。