鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

調子は悪くはないのに


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

昼前から約8時間の活動、22声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先1。

 

<連れ出し未遂>


ゴネられる活動が続きますと、

もうなんでもいいからとりあえず

させてください、

という気持ちになってくる。

 

そんな気持ちで声かけていますと、

ようやく少し時間のある女性に遭遇。

 

いえ、少しといいますか

ほとんど時間はない。ということで

手を出せる個室へ連れ出し。

 

しかし、待ち合わせ相手から

連絡が来たようで、受付直前に

女性が帰ってしまいました。

 

頼む、とりあえず早く、

待たせることなく、ごちゃごちゃ

サービスについて説明することなく

スムーズに受付できるようにしてください。

 

<1連れ出し目>


もうすぐ近くで予定がある、

という女性を連れ出し。


この街のナンパ師について女性は語る、


待ち合わせ広場で

待ち合わせているような、

もうすぐ相手が来ることがわかっている

相手に対して声かけていく意味がわからん、

バカすぎてウケる、

くらいけなしていました。

 

それに対して、私はイラッとは

しなかったですが、

 

その待ち合わせよりも良い相手が

声かけてきたら、女はそっちに

ついていくものだ。

(そして今からそれを証明してやるよ、)

 

と普通に回答してしまいました。

 

しかし連れ出し先にて

予定ぴったりの時間に

 

もう行きます

 

と席を立とうとしたので

私も席を立って退店しました。

 


<2連れ出し目>


そしてその直後、

ヒマそうな女に声をかける。

聞けばすでに酒が入っているようだ。

 

楽だな、、

 

と思いながら

ホテル街近くの飲み屋に連れ出し。

 

しかしなんというか、、

つまらない会話になってしまう。

 

私も疲れていたのか、トーク

その1つ前に連れ出した女と話したことか

今連れ出し中の女と話していることか

記憶がぐちゃぐちゃになってくる。

 

なんだろうと退店後は仕掛けにいく。

これが楽しみなんです。

これをせずにはいられない。

 

女性は時間ある、との回答。

 

ハンドテストを切り出そうと

考えていたときに

 

どこか行きたいところはある?

と女性。

 

さっそく覚えていたセリフ、

男が行きたいところは

ひとつしかないよね、

 

と切り返しながら、しまった、と感じる。

 

先に手繋ぎをするべきだったか!?

と思いながらガシッと手を掴んで

ホテルに連れていく。

 

結局は、綱引きに屈してしまう。

 


つまらない女だ・・と言いたいが

それは言えない・・

 

<良かった点>


・肌が綺麗と言われた。

・ゴネられても連れ出しできたこと

 

 

<向上点>


・シーディングが浅かった。


・基本的なトークの流れ、流れを作る話題と

 セリフの確認ができていない。


・ホテルチャレンジの手順間違い。


・しっかりしたところで休憩を取らずに

 「大丈夫だろう」と疲れきったままで

 活動を続けたこと。

 ガンガン連れ出しできていないと

 (歩き回る時間を短くしないと)

 失敗続きとなる。

 

<連れ出しできても>


連れ出すことができても

トークで食いつきをうまく上げられないのが

悲しいですね。

 

連れ出したのは極上の女性・・

というわけではないので

やる気が出ていなかったからなのか。

 

自分の好みがよくわからなく

なってきました。


今回ダメだったところを

またよく考えてみます。