読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

隙間時間で

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。


<結果>


20分の活動、2声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<1声かけ目>


飲み会がありましたので

そのついでに声かけしようと思いました。


始まるまでに少し時間があったので

ウロウロしていると女性を見つけたので声かけ。


女性は出張で来ている、

とのことでしたが近くで見るとどうも・・


ということで粘りませんでした。

 

<職場の女性に会う>


前にいた部署の同僚に会いました。

ファッションを見て褒めてくれました。


そこまで完全に気合を入れた戦闘服

ではなかったものの

褒めて頂けるとテンション上がります。

 

<飲み会>


以前いた部署の方々と飲み会。

で気づいたのが、今の部署では

自分をイジッってくる人が、ほぼいないということ。

 

ピリピリした感じがにじみ出て

接しにくい雰囲気になっているのかしら。

 

でも私の隣の席にいる人は

私によく話しかけてくれるようになったので

楽しませることが

少しはできてきているのかなと感じます。

 

<2声かけ目>


飲み会では、

付き合いたいとは思わないけど

させて頂けるのなら良いかな、

 

という女性をたくさん見かける。

ただし隣のテーブルとかにいる人たちで

こちらもそういう雰囲気ではないので

話しかけに行くことができない。

 

街にはあまり女性はいないのに

店の中に入ると、ぽつぽつと

まあまあの女性がいる。

 

そういうのをうまく拾ってやろうと

飲み会終了後にまた歩いていますと

女性を見つける。

 

ちょっと微妙そうではありますが

対面声かけの練習がてら

声かけをしました。


「明日の朝早いんで」


ここで、良い女性なら粘りたくなりますが

気分が乗り切らなく

「まあそうですよね」と言って切りました。

 

まあまたちょくちょく地元でも声かけし

女性に慣れていこと思います。

 

<良かった点>


対面声かけを行おうと決めて

しっかりと実行したこと。

 

<向上点>


声かけ前に戻れるなら何をするか?

 

・基本的なフレーズに対して

 もっと楽しい切り返しを準備しておく。


・職場の女性に対して雰囲気の違う言葉で

 話してしまったこと。自分の言葉で話せるように。

 


<声がよく出た>


前回の失敗から

ボイストレーニングを再開したところ、

思っていたよりも元気に声かけできました。


やはり継続は大切ですね。

無意識にできる習慣となるように

続けていこうと思います。