読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

地蔵の予感

 

ストリートに行ってきました。

久しぶりに地元での活動です。


<結果>

1時間半の活動、5声かけ。

0即、0連れ出し、1エルゲ。

 

まあまあですね。

形だけでも坊主にならなくて

良かったと思っています。

 

<出撃した理由>


先日の都会での惨敗・・

これを引きずっている感覚が消えない。

これはまずい。

 

次また都会に出ても、

負のスパイラルに入りそうな予感がしていました。

 

地蔵まではいかないけれども

半地蔵という感じでしょうか、

気分が中途半端な感じになる症状です。

 


例えば、極上の女性がいると

すぐにでも声かけをしに行くわけですが、

逆3になると面倒だなと思ってしまって

声をかけに行く気が失せたり、

 

そこそこの女性の場合は、

この女性より良い女性手に入れてるし・・

 


とか思って声をかけに行く気が失せる。

 

 

だから、流れを変えるために出撃。

気分を変えることができれば、

良い結果も出てきそうな気がすると思います。

 

この流れ・・変えてみせる。

 


<1声かけ目>


街に上陸・・すると早速

仕事帰り風の女性を発見、ツイている。

追い抜き声かけを行う。

 

すると・・見事な低反応。笑

1発目からやってくれますね。

 

まあ深追いするほどでもないかと思い、

気分を切り替えて中心部へと向かう。

 


<2声かけ目>


本日はちょっと買い物も兼ねて

街に出てきてみました。

 

いけるか?

 


実は、時間帯が閉店ぎりぎり。

ダメ元でデパートの入口まで来てみるも

「本日は閉館しました」

という看板をインフォメーションの女性が

入口に置きにくるタイミングとぴったり重なりました。

 

そりゃそうだわな。

 

ま。また日を改めてきますか。

と思い、歩きだすと・・バスが私の横を通過し、

少し前方で停車。中から女性が降りてくる。

 

 

ほおう・・これは天が私に差し出した女性だ。

どうぞ持っていってください、と言っているようだ。

逃がさずに距離を詰めていって

追い抜き声かけ。

 

周りには私と女性以外ほぼ誰もいなかったので

超不自然ですが、話をしてくれました。


これから飲みに行くということで

エルゲして解散。

 


<3声かけ目>


先ほどの女性と解散後、中心部へ歩いて行くと

今度は二人組の女性を発見。

まあまあ悪くない・・ということで声かけ。


なんとJ○でした。


でもやたら好反応でニコニコ話してくれる。

こちらから攻めていくわけにはいかないので、解散。

 

少し時間がたってまたこの二人組の女性と

すれ違うのですが、その時も笑顔で反応してくれて

とても気分が良かったです。


負の流れは、変わったと思います。笑

 

心の底からテンションが高くなった感じがしました。

しかし人に元気にさせてもらっているようではダメ。


自分の気力くらい、自分自身で回復させて

ハイパフォーマンスで活動していきたいと感じました。

 


<4声かけ目>


待ち合わせの女性へ声かけ。

なんとこの女性もJ○・・いいのか、まったく。

こんな時間にうろついて、笑

 

私がこの女性と同い年の頃は

自宅に帰って勉強しているだけでした。

 

この女性は繁華街で男と予定があるようで。

こんな風に若い頃を過ごしたかった・・

と思う一方で、これくらいの年齢の女性でも

OKになったら手に入れられる可能性はあるわけですから

フラットな気持ちで接することができます。

 

この女性とのトークでは、

何を話しすれば良いか、ということが

途切れ途切れでトークの流れが悪くなり、

こちらから解散としました。

 


<5声かけ目>


今度も待ち合わせの女性。

彼氏に会いに我が県へ始めて来たという女性。


しかしもうすでに彼氏が

こちらへ向かってきているとのこと。


だがこういう場合も諦めたりはしない。

うまくやれば


場所移動 → 彼氏の連絡を無視させる → 即

 

という流れが作れるはずだからだ。

私もそれができそうだと感じたことは

今までに何度かある。

 

だが今夜は失敗に終わる。

電話が来て、女性は立ち去ってしまいました。

 

 

<向上点>


会話に間ができている。

トークを滑らかにつなげることができておらず、

何を言えば良いか必死に考えている状態。

余裕なし。

 

座学と実践の時間をもっと増やしていきます。

 


<良かった点>


今回の出撃で気持ちが軽くなったこと。

 


<地元の活動も必要>


やはり地元でも仲の良い女性は欲しいところです。

数が少ない分、的確に手に入れていきたい。

 

街に着いた!声かけ!

低反応!低反応!ガンシカーー!!

その日の活動、おしまい!!

 

と、本当にそうなりかねないので、

常にナンパの学習をしていかなければと

改めて感じました。

 

安定した結果を出すことも忘れずに

いろいろ考えて活動していきたいです。