読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

敗北の味

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。


<結果>


2時間の活動、4声かけ。

0即、1連れ出し、0エルゲ、2地蔵。


悔しい思いをすることが多い日でした。

 

<上陸後>


地元での活動場所に上陸後すぐに、

数年前に私がいた部署での同じフロアの女性に会う。


「かなり痩せてない?大丈夫?」


大丈夫です。覇気はむしろ高まっている。

そのあたりにいる男には負ける気がしません。

 

<1地蔵目>


とか言いながら1時間近く歩き回る。

ちょうど良い具合の女性がちょうど近くにいないものだ。


するとようやく普通の暇そうな女性を発見。

 

普通だったので声かけるかどうか

カフェ前で迷ってしまったことがミスで

女性に先にカフェに入られる。

 

店内に入ってまで追う気になれなかったので

店内には入らず。だがこれは地蔵だ。

 

<1声かけ目>


信号待ちの女性に声をかける。

もう帰りのようだ。


で。

 

もう帰る。

いや、帰ってごはん食べないと。

いや、帰らなきゃいけないんで。

 

とグダグダうるさい。横断歩道もないのに

無理やり道路を横断しようとする。


「これは粘りたいな」

 

という女性ではないので

もういいかと思い、追わず。

 

私ほどの男が声をかけているのに仕方のない女性だ。

 

と思ったものです。こういう考えを

どんな女性に対してもできていないといけないのに

良い女性に対しては強気にいけていないのが

ダメなところです・・。

 

<2声かけ目>


ここでさらに凹まされる。

信号待ちで対面から歩いてきた女性に声をかける。


「テスト勉強あるんで」


「勉強教えてあげますよ」


「いや、私の方が頭良いと思う」

 

なに・・?これは言われたことがなかった。

で、これはチャンスだったのに

これを利用して距離を縮めていけなかったのが

最大の敗因。

 

もちろん「確かに頭は悪いけど」と最初は

最低限女性の言葉を拾えたかなと思いましたが

 

その直後にイラッとしてしまって

自分が昔どれほどすごい成績だったかを

語ってしまう・・やってしまった。最悪。

チャンスとわかっていながら。

 

自分では頭悪いと思っていますが、

初対面の人に見た目で

「頭悪そう」と言われたことがなかったので

感情的になってしまった。

 

頭を冷やせ。

 

しかもその後「彼氏いるんで」と彼氏グダまで発生。

 

強気でグダ潰していけなかった・・

 

 

<3声かけ目>


そしてここでさらに

声かけた女性が生意気な女性でした。


バス待ちのようで、トークをしながらも

 

ナンパ師 = 即却下


的な感じで連れ出し、ライン打診に応じず。

いや、これは普通なのですが。

 

いや・・交換とか連れ出しするのが「常」よ、

という心構えでいなければいけないですが。

 

ここで女性がバスまでの待ち時間を勘違いしており

仕方がなく連れ出しに応じてカフェへ。


しかしカフェ店内に女性の友人が偶然いて

そちらに女性が気を取られたりして

トークする時間が10分もなく

この10分で少しも距離を縮められず


「ナンパがんばってください」

 

と最後に店内で言われて終わりました。

距離を縮められなかったのは私の責任です。

 

女性は私が住んでいる県が地元で

少し賑やかめの街で今は住んでいるようでして

 

「この街(私の県)にいても何もなくてつまらない、

 だから高校卒業したら出ようって決めた」

 

と言っていました。そしてふと、

私がいる会社で、私が手に入れたかった女性2人が

2人とも寿退社で県外に消えていったことを思い出す。

 

「この街(私の県)にいる男は、つまらない。」

 


とレベルの高い女性から

暗に言われているような気がしてならない。

いや、実際にそうだと思っています。

 

どんなに楽しい場所や物事があったとしても

人間(男)ほどおもしろいものは、ない、

はずだと思います。

 


だから私は、我が県の代表として、

来県してきた女性や在住している女性には

即日セッ○スをプレゼントしてあげなければ

いけないと思っています。笑

 

覇気は高まるばかりです。

 

<2地蔵目>


トイレ→カフェ、カフェ→駅

へと移動しているのを見かけた女性に対して地蔵。


普通の女性だがファッションは

まあ悪くなかったので声をかけてみようかな、

などと考えているうちに店内に入られる感じです。

 

良い女性ではないし・・と言い聞かせても

少しでも声をかけようと思ったときに

声をかけることができていなかったので、

これは地蔵とカウントするしかないです。

 


<4声かけ目>


そして活動場所から去ろうと帰り道、

後ろ姿でまあ可な女性を発見、声かけを行う。


薄暗くて細い歩道。

 

周りにはイキの良さそうな高校生の男が何人かいる。

苦手なパターンだ。


地元+イキの良い中高生の男数人が周りにいる

という状況で、(男の子に)何を思われるやら、と

私は地蔵になりがちなのです。情けない・・。

 


声かけながら立ち止めする気迫が

いまひとつ足りず、女性に店内に入られてしまう。

 

終わった・・。

声かけておきながら地蔵しているのと

変わらないじゃないか。

 

 


<向上点>


・常に強気で。せっかく街に来たのだから

 チャンスを無駄にせずたくさん声かけを行おう。


・女性の発言を真に受けてしかも感情が揺さぶられた。


・連れ出しておきながらエルゲできなかった。

 距離を縮められなかった。

 

<良かった点>


少しでも時間のある女性に対して、

形だけでも粘ってカフェ連れ出しをしたこと。

 

<イライラを抑えて>


自分の悪いところがまんべんなく露呈した活動でした。

今度見つけたときは全員即してやるくらいの気迫で

声をかけてやろうと思いました。


引き続き腕を上げていきます。

覇気は高まるばかりです。