鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

直近の活動

 

鉄人です。

ストリートに行ってきました。

 

<地元での活動結果>


2時間の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。

 

地元ではめずらしいキリッとした女性を

発見したので追いかけて声掛け。


出張で我が県に来ている、とのことでした。

しかも私のいつもの遠征先の都会から。


これはおいしいパターン・・


しかししばらく並行トークするも

連れ出しまでには至らず、

連絡先を交換して終了。

 

 

<いつもと違う都会での活動>


早朝から10時間の活動、約35声掛け。

抱いた数、連れ出し、連絡先すべて0。

 

この街は地元からやや遠いので

高速バスで移動、早朝に到着。


すると意外にも人がたくさんいたので

声掛けを開始。


しかし・・


予定がある、を崩せない場合が多く、

手も足も出ずに力尽きてしまいました。

 

 

<いつもの都会へ遠征>


昼前から約9時間の活動、20声掛け。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先2。

 


<迷いながらも活動再開>


金欠によりしばらく

活動しないつもりでした。

 

余裕が無いというわけではないですが、

自分のボーダーを下回って

少し落ち着かないという状態です。

 

しかし上記のいつもと違う都会への遠征時に、

他地域で活動されている方々の情熱を

間近で感じとり、

 

みんな命をかけて

声かけをしているという気迫が

伝わってきたので

 

「負けていられない、」

 

と思って遠征に行くことにしました。

まあ、勝ち負けではないですが

自分に負けているということでした。

 

都会行きのバスはすぐに満席になるので

急に予約することはできない。

 

だから少し前に予約だけしておいて、

日が近づいてきたらキャンセル

するつもりでいました。

 

しかし自分もしっかり活動しなければと

思ってキャンセルをせず出撃することにしました。

 


<連絡先交換>


荷物を持っている女性に声かけ。

道に迷っているようで、道案内を行う。


すると途中でルックスを

かなり褒めてくれました。


ここまで褒めてくれるのは

久しぶり・・

 

女性との身体的距離がかなり近くなっても

全然離れる様子が無かったので

「かなり良いところまで行けそう!」

 

と思いきや女性の友人から連絡が来て、

女性は合流することになったので

連絡先を聞いて解散。

 


<気がつけば・・>


もう夕方に差し掛かろうというのに

カウンターで声かけ数を確認すると

まだ9・・・

 

自分ではかなり声をかけたと

思っていましたが、

全然できていないことに

気がつきました。

 

少し焦りながらも歩き回りますが、

いまいち声をかけに行く気が

起こらない・・

 

と、そう思っているときに

他地域で活動されている方から

連絡がありました。

 

その方とやり取りしながら

歩き回っていると、

だんだんと情熱が回復してきて

声かけ数も増えていきました。

 

自分の中の、自分では押せない

スイッチが入った感じです。

ありがたい!

 

 

<連れ出し>


買い物へ行く途中の女性へ声をかけ、

一緒に買い物した後にカフェへと連れ出し。


女性の半生を肯定したり

女性が最初から自慢話をしてきたり

私のルックスを褒めてくれたり

彼女がいるか2回くらい聞いていたり、

と食いつきをいくつか確認できたので

 

カフェ退店後に仕掛けに行こうとすると

女性が自分の人生に関わる大事な

用事がある、とのことで

テルチャレンジできず、

女性を送って解散しました。

 

 


<良かった点>


・恋愛が一番有利なのは若いとき、

 それは今この瞬間だということが

 再認識できたこと。

 
 →世間で当然のように言われていることですが

  活動を後回しにして技術に衰えを感じたときに

  ようやく認識できました。  

  後回しにすれば不利になっていくだけだ。

 


・ルックスを褒めてくれたこと。

 →最近はうまく行かないことが多かったので

  ルックスが決まっていないかな、

  と無意識に感じていたかもしれないですが、

  払拭できました。

 

・仮眠を取り入れたこと

 →決めている歩数の半分に到達したところで

  疲れていなくても仮眠を取りました。

  頭がスッキリして体も軽快になりました。

 


・勢い低下の要因のひとつがわかったこと

 →いつもと違う都会では、最終目的地を

  しっかりと確認したわけではなかったので

  「連れ出しても仕方ないし・・・」

  などと心の中で思っていたのではないか、

  ということがわかりました。

  実際にいつもの都会での勢いが

  ここでは無くなっていました。

  もちろん体力的なものもあったとは思いますが

 

 

<向上点>


・打診が早い。1回目の打診から

 2回目の打診をするまでの間隔が

 短かすぎて女性からすれば怖いだろう。

 

・イヤホンを外してくれた後うろたえている

 →まずはレッテル話法を行って・・

  と進めていきますが、その時の声が

  震えていることが多く、その直後に

  指摘等を行っていくときに勢いが

  かなり低下してしまっている。

 

・都会ではまたより良い女性を選んでしまっている

 

 

<常に声かけのことを考える>


出撃から期間があいたり

書くのに時間がかかるので

早め早めに、あまり考えずに

今回は書きました。

 

いろいろと思うところ、感じたところは

活動の度にありましたし

いつものように盛らない範囲で

おもしろく仕上げたかったですが。

 


今回いつもの都会に遠征してみて

ルックスの向上や技術の低下幅、

自分のことを気に入ってくれる女性がいるなど

自信になることも多かったので

忘れないように常にナンパに触れるようにして

向上していこうと思います。