鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

頭の固いやつ


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から7時間の活動、27声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先1。

 


<デート>


結果:ゴネられた

学び:頭の固そうな女には

   シーディングを強烈に叩き込む

 

以前、声をかけて連絡先を

聞いていた女性と会った。

前回はパーティーに来てくれていたので

会うのは3回目になります。

 

昼過ぎに女性と合流し、カフェへ。

女性が過去にやりとりしていた男を

一緒にイジりながら

うまく恋愛トークに繋げることはできた。

 

しかし今ひとつ踏み込みが足りん、、

 

女性から深い部分を

引き出せた気がしないのです。

 


どういう男だったかを

引き出すことはできましたが、

それに対して女性の感じていたことを

代弁したり共感したりすることが

浅かったという印象。

 


こちらをイジッてくることもなく

ちょっと厳しいかもしれないが

飲みきってしまったので退店しました。

 

そして手つなぎテストを行うと

オッケー、カフェの途中で

 

「微妙なのにすぐに付き合おうと

 言ってきた過去の男」を

距離詰めが下手クソだと

一緒にイジったりしましたが、

 

自分は距離詰めができている、

と信じて(!)ホテルへと導く。

 


するとホテル前で

女性はわりと強めにイヤがる、

建前ではなく本気の拒否。

手をホテルと逆方向に引く力が

非常ーーに強い。

 


その後、ホテルを諦めて

巻き返しを考えていたときに

カラオケによく行くという話が

女性のほうから出てきた。

 

これはちょうどいい、

ここで巻き返そうと思って

カラオケを打診しましたが、

 

「・・・でもそういうつもりなら帰るよ、」

 

と女性に言われたので、

もうどうでもええわと思い。

 

「わかりました、帰ってください。」

 

と言って解散しました。

解散!!

 


会うのは3回目なので

絶対イケるだろと思っていたのが

まさかの結末・・

 

口内炎できていたので

舐めて病気にならなくて良かったわ、

くらいのつもりでいます。

 

30超えてそこまでかわいくない女性は

無駄に頭が固い?要注意だ・・いや、

もう狙わぬ。若いこ行くわ・・

 


<声かけ>


学び:素早い動きは目立つ

   体調管理をしっかり行う

 

デートの前後で声かけをしていました。

連休の暴食(親戚等を拒否しづらく)で

連休明けに口内炎が久しぶりに

イヤな場所に発生、

喋る気なんかとても起きない。

 

毎日、一日中、

口を閉じていたい気分です。

 

久しぶりの活動でトーク

忘れていた部分もありますが、

噛み噛みで特に早歩きをしながらの

無視崩しなんかひどいもの。

 

結局、まともに会話できた女性は

いませんでした。

 


途中でこの街のナンパ師の方と

バッタリ会い、雑談しながら、

お気に入りを見つけたら

声かけをしたり、二人組に

声をかけたりしました。

 

自分では完全に

忘れていて気づいていなかった

ことなのですが

 

私は歩くのが素早いときがあり

不自然で女性に恐怖を与えそう、

 

と指摘を頂きました。

自分で意識しているよりも、

もっと動作をゆっくりと

しなければいけません。

 


<連れ出し>


学び:女性の本当の気持ちは?

 

この街のナンパ師の方に

指名頂いた女性に声をかけると、

わりと反応が良く、

立ち止まってくれそうで

連れ出しにも応じてくれそうでした。

 

あとは帰るだけだけど、

カフェはちょっと、、

となりかけたので自販機を

打診して自販機で飲み物を買う。

 

ここで、女性は迷いながらも

「やっぱり飲み物要らない、」

 

と言ってきたので、

少しでも時間を伸ばすために

女性の分も勝手に買って

女性へと手渡す。

 

これはこの時とっさに思いついた

テクニックだ。

 

そこから人の流れの

少ない場所へと移動し、

立ち雑談を行う。

 

すると女性が途中で

名前を聞いてきました。

 

女性は、実はこれから彼氏と

待ち合わせにも関わらず、

私について来てくれたようでした。

 

連絡先を交換して解散しましたが、

そのしばらく後で、女性らしき人が

一人で歩いているのを見てしまいました。

 

彼氏と合流はウソだったのか!?

 

うーん、、不気味です。

なぜ名前を聞いてきたのか。

雑談中に目が輝いて見えたのは

気のせいだったのか。

 

私は女性が楽しんでいたと

思っていたが、女性は早く

解散したいだけだったのか。

(怖くて私から逃げられなかった?)

 

ま、連絡して様子を見ます。

 

 

<良かった点>


・ホテルチャレンジを諦めなかったことだ。

 絶対にホテル前まで歩いていってやると

 前日から決めていた。


・自販機での小手先のテクニックを

 思いついたこと。


<向上点>


・ホテルチャレンジで

 まともに説得してしまった。

 

・声かけに勢いが足りず、

 無視、「いやいいです」がほとんど。

 →活動不足で言葉が出てこない

  (頭が回らない)

 →口内炎で喋りにくい

 


<気分よく帰れなかった>


気分よく都会から帰りたかったですが

叩きのめされて帰ることになりました・・


そんなに甘くはないよ、

と言われた気分です。


体調管理や出撃頻度などを

怠った分だけ返ってきた感じでした。

 

・・・いや、

1回ダメだっただけで

こんなふうにマイナスに考えてはいけない、

負の連鎖だ。

今までずっとこのパターンだ。

 

1回1回、楽しかったこと、

ワクワクしたこと、良かったことを

ピックアップしておいて、

 

今回ダメだったから次回も・・ではなく、

「次回も絶対イケるだろ、」くらいの気分で

活動後~次回活動までの期間を過ごします。