鉄人(てつじん)の感情むき出しナンパブログ

30代半ばのド田舎住まいが各地で路上婚活します

いろいろ活動してきました

 

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


5時間の活動。約10声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連絡先1。

 

 

<婚活パーティー


結果:1人とマッチング

 

活動を始めた初期の頃に一度行って以来、

久しぶりに参加してみました。

 

都会のは進化していますね。

以前に地元で参加してきたものでは

カフェ店内が多かったですが、

一組ずつ半個室で相手女性と

会話ができてしまいます。

 

なので女性からすれば

全く他の参加者に見られずに

参加ができそうです。

男は動いていく側になりますので

他の男の参加者の顔は見えてしまいます。

 

数分の会話で次のブースにいる次の女性に

移動する、というパターンは同じ。

 

しかし・・参加人数が数名、

というのが致命的でした。

私が今まで参加してきたパーティー

3分の1程度の規模でした。

 

こういったパーティーで使用する

プロフィールカードはあらかじめ専用サイトに

その半分を入力しておき、

当日に残り半分を入力してそのサイトを

ケイタイで見ながら会話することになります。

 

私は前日にネット専用の完璧なプロフィールを

書き上げてメモ帳に貼り付けていましたので

これを使ってみるとおもしろかったですが、

やりすぎに思えて、

つまらないことしか書けませんでした。

 


相手の女性はというと、全員が30以上でがっかり、

フリータイムは無かったですがその中でも

まあマシなことマッチングできました。

 


この女性がストリートにいるなら、

周りに良い女いなかったら声掛けるかな、

という感じの女性でした。

 

パーティー終了後はその女性とカフェへ。

そこで30分くらいトークして退店後、

ちょっと手つなぎしてみたかったので

打診するとOK、

 

しかも腕まで組んでくれそうな感じでした。

が、直接ホテルへ行ことして失敗すると

運営から何か言われるかも、と変な不安が頭をよぎったり

(別に言われてもいいのに)

 

他地域から来てくれたナンパ師の方と合流する予定が

あったこともあり、連絡先を交換して解散しました。

 


<案内>


ナンパ師の方に私の視点でこの街を案内しました。


地下:そこそこの女性が多く、天候の影響も受けないが反応悪い。


地上:かわいいこがいる場合が多いが、やや遠くにいたりして

   面倒に思えて「もっと良いこがいるだろう、」

   と声かけしない方向になっていく傾向がある。

 


という感じでしょうか。ぐるぐると説明しながら

歩いていました。指名声掛けなどをしていました。

 

 

<1連れ出し目>


相方と解散し、ひとりで声かけを始めました。

すると何人目かであっさりと

カフェをOKしてくれました。

 

声かけた場所近くのカフェに行きましたが

どこも満席、3店舗目くらいでようやく

カフェに入ることができました。

 

私なりに途切れずにトークできたつもりでしたが

なんといいますか・・この女性、心が揺れなさすぎ

といいますか、冷めきっている感じ。

 

笑いもするし、話しもしてくれますが

目が笑ってなさそう。

 

女性は、会計においても

かたくなにおごられるのを拒む。

 

おごられるとこちらの言うことを

聞かなければいけない、とでも

無意識に感じているのだろうか。

 

外を歩くときも、

傘に入れたるというとるのに入らん。

 

その後で連絡先を交換しようとしましたが、

ここでも女性はケイタイを取り出した後に

 

「やっぱやめとく」

 

と言ってきましたので、さすがに私としましても

どうでもいいわと思いまして

 

「帰っていいよ。」

 

と突き放しました、お礼はもちろん言いましたが。

 

警戒心を取り除ききれなかったかもしれないです。

こういう冷めた女には

笑わせる、楽しませる、をもっと増やした会話に

していかなければいけないと感じました。

 

 

<2連れ出し目>


改札まであと2、30メートルというところで

声掛け。こちらを拒否しながらもなんとか

自販機への連れ出しに応じてくれました。

 

飲み物を買って雑談すること約20分。

飲み終わったのでホテルへの打診をするべく

散歩をしようと試みますが、ここで女性の

「もう帰る」を崩すことができませんでした。

 

外はかなり雨が降っていたこともあり、

散歩という理由づけではなかなか厳しい。

連絡先を交換して、解散しました。

 

女性は、本当に用事があったから帰ったのか、

連絡はわりと来ます。

 

連れ出しを粘るときに明るさや愛嬌、

笑顔をいつも以上に出せたのが良かったのかな、

と感じました。もちろん女性も

受け入れてくれるような性格だったのでしょうが。

 

久しぶりに巻き返すことができたので

このときの感覚を忘れないようにしたいです。

 


<メシにて>


相方のナンパ師と再度合流し、

メシを食べに行きました。

 

テーブルについて周りを見渡すと

一人でぽつんと、良さそうな女性が

座っていました、出張でしょうか。

 

本来であれば、食べ物や飲み物を持って

その女性のテーブルへ移動し、声をかけ、

一緒に食べながら仲良くなっていくべきでしたが、

そこまで頭が回りませんでした。

 

少し様子を見ていますと、その女性の周りの

人気(ひとけ)が引いたので、その一瞬に

女性のテーブルまで歩いていき、声をかけ、

紙に書いた連絡先を渡しました。

 


なお、私が帰るときにその女性は

私が渡した連絡先を書いた紙だけ

テーブルの上に置いてケイタイをいじってました・・

連絡先はそのまま放置して帰ったことだろう。

 


そういえば昔はこういうことを

何度かしたことがありましたので

昔に戻った気分でした。

 

まあ、相方のナンパ師の方に


「手に入れたい女性がいたらどんな手段を

 使ってでも可能性を0%ではない状態に

 しなければいけない」

 

ということを伝えたかったこともあり

普段しない声かけをしてみたということです。

 


<バー>


メシ後は相方とバーへ。

といっても閉店して間もない時間帯

であったため、ガラガラ・・

 

相方とテーブルに座っている

2人組の女性へ、2組ほど

声掛けに行きましたが盛り上げきれず。

 

周りにそんなに人はまだいない時間帯でしたので

少し目立っていたかもしれませんが、関係ない!

 

女性の最初の反応は悪くはないですが、

片方の女性がどんどん反応悪くなって

空気が拒否の方向になっていく感じでした。

 

結局30分も滞在しなかったです。

 


<良かった点>


・明るさ、愛嬌、笑顔を出せたこと。

 普段意識しているレベルの倍くらい出す

 意識が必要だと感じました。

 

・自分の利益を優先しなかったこと。

 強気で誘っていけばホテルに行けて

 いたかもしれなかったですが、相方がせっかく

 この街まで来てくれていましたので

 こちらを大切にしました(言い訳。笑)

 

<向上点> 


ホテル打診がどんどん弱くなっているのを

感じています。少しでも拒否が出てきますと

粘れずにあきらめてしまっている場合が多いです。


そして結局、その女性を失っている。


ここもマインドやトークを再確認して

もっと強気で誘っていくようにしていく。

 


<原始的ですがストリートが好き>


パーティーやバーで反応良いのは楽なのですが

参加費用や飲食費用が必要になってきますし

時間帯もかなり制限されてきますので

個人的にはやっぱりストリートが好きです。

 

まあ、都会に来るのに時間とお金を

これだけかけておいて言えることでは

ないのですが;

 

最初のひとこと目を自分の力で踏み出していく。

これがたまらない。あとは技術を磨いて

成功率を上げていくだけだ。

 

活動エリアまで足を運ぶのが

たまに面倒に感じるときがあるだけで

声掛け自体は嫌いになったことは

おそらくないです。


女性と話すのに疲れないくらいに

もっと経験値を積んで慣れていきます。