鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

フォーマル寄り


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から8時間の活動、24声かけ。

抱いた数0、連れ出し3、連絡先1。

 

 

<連絡先入手>


歩いている女性に対して

追い抜き声かけを行う。

 

完全無視でしたが、

スカウトではないことを説明すると

急に反応が良くなりました。

 

今から仕事ということで

連絡先を交換して解散。

笑顔多かったですが、

夜の女性(キャバではない)なのが

少し怖いところ。

 

 

<1連れ出し目>


どうも外を歩いている女性は

反応が悪いので、デパートに

行くような女に絞って声かけを

してみようと考えていました。

 

するとそこに、たまたま

デパートからそこそこの女性が

出てきたので

正面中距離声かけを行う。

 

予想が当たったのか、

反応が良く、すぐにカフェへと

連れ出すことができました。

 

しかしカフェでは、

いまいち女性の深いところに

入っていくことができない。

 

こちらへの質問が多かったことから

食いつきも無しではないな、

と判断し、手繋ぎテストを行う。

 

 

良好!

 

 

すぐ近くのホテルへと歩いていく。

しかし、ホテル入り口まで

あと数歩というところで、

「やっぱりダメです」とのこと。

「両親に怒られる」とのこと。

 

 

アンタ、抱かれたらいちいち両親に

「こんな人に抱かれましたーー」

って報告してるんかい。

 

と突っ込みますと、

もちろんウソとのこと。

 

うーん、かなり普通な

切り返しをしてしまった。

余裕が感じられない。

 

 

で、こういう時に限って

どこからともなく現れた

ソロ男が数人、我々の近くを

通過していく。

 

何者だアンタらは。

私が綱引きに負ける様を見たいんかい。

 

 


結局挽回できず

女性を送って解散だ。

くそーーー。

 

 

<2連れ出し目>


切符を購入しようとしている女性が

目につきました。


少し遅かったか・・と思って、

私は切符売り場前を通りすぎますが、


「これではイカン、諦め癖がついてしまう!」


と思って戻ってきまして、

女性が改札直前で声をかけました。

 

出身地が同じ、ということが

響いたようで警戒心が下がり、

カフェへと連れ出し。


しかしカフェでは、


私:質問

女:いや、別にそうでもないよ

  そんなことないですよ

 

の繰り返しで会話が進まず、

全く盛り上がらない。


退店後、女性に時間はある、

とのことでしたが、

ホテルへ誘う気が失せまして、

連絡先交換を打診しました。

 

すると、なんと、拒否!!

 

深堀りができない・・

こういう女性を攻略できるように

ならなければ・・

 


<3連れ出し目>


歩いていた女性に声をかける。

あまり時間が無さそうでして

カフェは無理でしたが

なんとか自販機へ連れ出すことが

できました。

 

この連れ出しでは、

女性が何回か私に突っ込みを

入れてくれました、久しぶりです。

 

今まで女性から突っ込まれたことが

ほとんど無かったと思いますので

隙をうまく作ることができていた

可能性あります。

女性の性格によるところも

あるのでしょうが。

 

5分だけ。ということで

連れ出していまして、それを

少し上回ることはできましたが、

女性から先に「もう行きます、」

と言われてしまいました。

 

連絡先交換を打診してみますと

1、2回ゴネられましたが

何とか教えてもらうことができました。

 

やっぱりところどころ

攻撃力不足を感じます・・。

 


<良かった点>


・ルックスの向上


→ルックスに関しては

 今回ファッションを変更してから

 初めてのフル活動になりまして

 反応が良くなったと感じています。


 私の場合は、フォーマル寄りの

 ファッションのほうが反応良いかもしれません。

 

・ためらわずに正面声かけがうまくできたこと。


・無視を崩して良い反応を取れたこと。

 

<向上点>


・声かけ時、女性への指摘の幅が狭い。


・カフェトークでの深堀り。

→女性が興味のある内容を探ったり

 何に興味があるかを見落とさないように。

 


<雰囲気の向上>


先日、数年前によく遊んでいた

会社の先輩グループと繁華街で

鉢合わせました。


昔は私をよくイジッてきていましたが、

今回はイジられず

驚いた表情が見て取れました。

 

ルックスは向上しているし、

マインドも変わっている。

その雰囲気に圧倒されたのでしょう。

 

私がナンパをしていることは

知らないはずです。

 

ダメだった頃の自分を思い出しそうなので

私はその先輩方と会うことを避けていましたが

逆に強くなっていると

確信することができました。

 

でも、まだまだこれからです。

これからもっと向上させていきます。