鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

意志の弱さ


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から5時間の活動、11声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

 

<声かけ>


口内炎はあったものの、

そこそこ体調も良く全力で

声かけをしたつもりでした。

 

が、ところどころに

通行量調査のオッサンがいて

そのオッサンの前を通る度に

数取り器でカウントされるのが

意外とストレスになりました。

 

オッサン数人にそれぞれ

10回近くカウントされて

イライラ、、

 

連れ出しできていないことを

オッサンの前を通過する度に

思い知らされるのです。

 

だったら場所を変えて

活動すればいいだけの話ですが

それができない、ここが弱さ。

 

普段と違うことをするのを

脳がとてもイヤがるのです。

無意識に同じ箇所を歩いてしまう。

 

そしてオッサンに気力を

吸い取られる。

 

肝心の声かけは、良い反応無し。

巨乳を求めて歩き回りましたが

良い巨乳を見かけず

全体的に声かけ数が少なくなって

しまいました。

 


仮眠を取るなりして

完全リフレッシュしないと

どうしようもない感じでしたが

時間も残り少なかったので

諦めてしまいました。

 

 

<良かった点>


汗をかかないように

極力涼しいところを歩いたこと。

 

 

<向上点>


定点にいる人間に注意する。


同じ人と何度も目が合ったり

見かけたりすると、

調子の良くないときに

気力を吸い取られる気がする。

 


<名言を思い出した>


「ナンパでぶつかる壁は

 人生でぶつかる壁である」

 

という名言があり、最近ふと

この言葉を思い出しました。

 

ナンパでぶつかる壁とは?

 

私の場合は「怒りの克服」なのか?

いや、「焦りの克服」?

それとも今回感じた

「脳の仕組みへの抵抗」?

 

・・・わかりません。

 

わかりませんが毎回楽しんで

活動していこうと思います。