鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

固かった


鉄人です。

大都市に遠征に行ってきました。

 

<結果>


夜に6時間の活動、12声かけ。

抱いた数1、連れ出し3、連絡先0。

 

 

<腰痛?>


2週間ほど前。

朝起きると尾てい骨付近が痛い。

前屈したら痛みがありました。

 

夜、変な姿勢で寝てしまっていたことが

うっすらと記憶に残っており、

病院へ行ってきました。

 

骨は異常無かったようで安心、

しかし運動禁止とのことで

ようやく習慣づきはじめた筋トレを

中断することになってしまいました・・

 


筋トレと1日交替で取り組んでいた

ボイストレーニングもやる気が

起きなくなり、中断。

 


今無理して将来ダメージ残ると

悲しいので、しばらくおとなしく

することにしました。

 

そして今回。

10年ぶりにこの大都市に上陸しました。

 

数ヶ月前から飛行機と宿を予約していたので、

ここは活動しなければと思い、

控えめに活動することにしました。

 

 

<1連れ出し目>


ホテルを出てすぐにソロ女性を発見、

声をかける。少し年食ってるか?

まあギリギリ許容範囲だ。

 

近くに新しそうなカフェがあり、入る。

カフェトークでは、攻めても

女性の心が揺れてなさそうな感じ。

 

話を聞けばきくほど、女性のほうが

いろんな体験をしていそうで

だんだんと私は、冷や汗なま汗。

 

退店後に時間あるか聞くとありそう。

 

ホテル自室への連れ出しを狙う。

しかしホテルにて

エレベーターのスイッチを押した瞬間、

 

「え、入らないよ。」

 

で終了、私一人でホテル自室に

戻ることになりました。

 

 

<2連れ出し目>


ホテル近くでこれまた

ヒマそうな歩き方をしている女性へ声かけ。

 

ホテル近くの手頃なカフェが

もう開いてなさそうな時間帯なので

少し遠くのカフェを探しに行くのが面倒になり

(飲み屋にはあまり行きたくはない)、

雑談からのホテルを狙う。

 


幸い、ホテル近くに

コンビニとベンチがたくさんあるので

個人的には、やりやすい。

 

ベンチに座って雑談していますと

食いつきサインをいくつか確認できました。

 

これはイケるぞと思って

ホテル移動をうながしますと。

 

あっちのゴミ箱に缶捨てに行くとか

もう一軒飲みに行こうとか、

めんどくさい発言が・・

 

イヤな予感、かすかに。

 

移動先の店は満席だったので

再びホテルへと手を引いていきますと、

 

エレベーターはクリア、

自室まで入ってきたので

手を出していきますと。

 

「私には勇気が無い」

 

とゴネられる。

 

勇気って、、ここまで来て

そんなんいらんだろ

 

とよっぽど言いたかったですが

結局先へ進めず帰られてしまいました。

 

もし勇気が必要であれば

その勇気が出せないのであれば

人生は絶対に向上していかない、、

 

これは私自身にも

言い聞かせたいことでありまして、

でも非常に悔しい失敗となりました。

 

私をちやほやしてくれたので

最後は女性にお礼を言いたかったです。

 


<3連れ出し目>


時間帯はかなり遅めなのに

まだちらほら人が歩いています。

 

繁華街付近だとホテル自室まで

少し距離がありましたので、

ホテル付近で声かけを行いました。

 

ソロ女性が意外と多かった印象あります。

しかし声をかけても「もう帰る」が

何人かいまして、ダメ元で

声かけをし始めたその時、

 

ちょうど時間の空いた女性がいました。

聞けば、連れの男性になぜか一方的に

飲み屋でいきなり帰られて

 

その時に連絡が来た別の男に呼ばれて

その別の男と合流予定のお店へと女性が移動中に、

私が声をかけたようでした。

 


カフェは閉まっているが

お酒は飲みたくはないので

コンビニで飲み物を買い、ベンチへ。

 

トーク序盤は食いつきが

高いのか低いのかよくわからなかったですが

中盤くらいから食いつきを感じることができました。

 

ピークか、ピークを少し過ぎるかくらいで

怒り狂った変なオッサンが接近してきているのが

視界に入ったので移動をうながす。

もちろんホテル自室に、です。

 

最後までゴネられることはありませんでした。

翌朝もなかなか起きよう(帰ろう)と

しなかったことが、少し面倒だなとは

思いましたがうれしかったです。

 


<2日目の活動>


30分の活動、4声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

2日目は個人的にはメシがメインでした。

飛行機の便の混乱具合調査や

うっかり仮眠などもあり、声かけに

あまり時間を割いていませんでした。

 

そんな中、待ち合わせ女性に

声をかけてトークをしていますと。

 

「女友達が2人来る」

 

と言ったクセに来たのは男一人だけ。

女性がその男を見つけると

すぐに男のほうへと歩いていって

消えていきました。

 

女性の言うことを真に受けすぎていたのが

いけなかったところ。

 

そういえばどことなく

上の空な目・表情をしていた気がしたので

一発カマかけてみるなど

何か攻め込んでみるべきでした。


顔ははっきりとは思い出せないですが

無表情な目と声トーンが脳に焼き付いている。

 

 

<良かった点>


・どんな連れ出しも必ずホテル行きを狙ったこと。

トークで食いつきを上げられた(と思う)こと。

・予備のコンタクトケースをしっかり準備していたこと。

 

 

<向上点>


・1連れ出し目で女性の心を揺らせられなかったこと。

・2連れ出し目でシーディングを挟むことが

 できていなかったこと。


・2日目にあまり声かけをしなかったこと。

 帰ってきてから後悔しています。

 

 

<こんなに固かったのか>


今回抱いた女性は、まあまあ

かわいいくらいの女性でしたが

自分のがものすごく固くなったことに驚きました。

 

ここ数年、体感したことないレベルの固さ。

パワー感。

 

これが最近やり始めた筋トレの影響だとしたら

ぜひ筋トレを続けていきたいと思いました。

筋トレは嫌いですが少し好きになれました。

 

しかし抱けなければ意味はないので

ナンパの技術のほうも引き続き向上していけるよう

また少しずつ活動していこうと思います。

できていないところを重点的に潰していく

努力をしなければと思います。