鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

遠慮

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

昼前から7時間の活動、26声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先3。

 

<前日>


近所の人が出会い系で出会って

結婚したという話から始まり、

親から出会い系に登録しろ、と

言われました。

 

行動しないかんぞ、と。

 

うーん、、そこら辺の人よりは

私は行動しているとは思っていますが

それを詳しく説明できないのが悲しい。

 

<いろいろと消耗>


今回の行きのバスは非常に疲れました。

後ろの方で

 

・ガサガサと買い物袋に何度も出し入れする人

フットレストを何度か倒したり元に戻す人

・横をクルマが通過する度に1台1台「あれ何?」という子供

・区切り区切りで地名について語る老人

 

勘弁してくれー

 

ウルサイ人が多くて

ぐったりしてしまいました。

 

 

様々な人の思いを乗せて、

バスは出ます(ド○クエ風)、

文句は言えません、泣

飛行機なら変な人あまりいないのに・・

 

しかも前に座っていたカップル。

私もこういう風に

学生時代を過ごしてみたかった、

と意味のない感情が込み上げてくる。

 

今からでも全く遅くはない、

手に入れられなかったものは全部、

今から取り返しに行くぞ。

 


<声かけ>


しかし・・・


全体的に低反応という感じでした。

ほとんどが完全な無視。無視の中では、

崩せたのは2、3人くらい。

 

口を開いてくれた女性数人も

急いでいるとか、予定があるとかで

立ち止まってもくれない。

連絡先入手がやっと、というところ。

 


<連れ出し>


最後の声かけにて、ようやく

フレンドリーに話してくれる女性と

遭遇、カフェへ。

 

連れ出しに応じたのは初めてとか

私もカフェに行こうと思っていたとか。

 


終始好意的、

女性の方から会話を埋めてくれたり

次はいつ来るのか聞いてきたり。

 

短いカフェでしたが、

そこそこ食いつきはあると

感じることができました。

 

退店後の質問に対しても

時間はある、との回答。

 

しかし、どうも私のほうが

やる気になれず。


「でももう時間ないんでしょ。」

「もう電車に乗る時間なんでしょ。」

 

などと、私のほうから遠ざけてしまう。

 


カフェの途中から、

女性は私が思ったよりも

自分の将来のこととかを明確に

思い描いていたり、

 

私がこれまで経験してきたことよりも

いろんな経験をしてきたようで


私のほうが怯んでしまい

縮こまってしまいました・・

 

(ホテルに誘ってやれなくて)

スマン、ホンマにスマン。

 


とりあえず連絡先を聞いてあげて

解散しました。

 

 

<良かった点>


・99回外しても平然と100回目を蹴りに行くマインド

→低反応がある度に次の声かけの

 熱意が下がっていくことがありますが

 平然と声かけに行くように心掛けたと思います。

 

・リベンジしない声かけを意識した

→無視されたからといっていつまでも

 崩しにいこうとしなかったこと。

 次の女性にもキレ気味に声かけしなかったこと。

 

<向上点>


・歩きすぎました。


・無視や低反応時のルックス指摘、

 反応指摘が甘かった。
 

・良いと思ったのに

 声かけに行く気が起きないケースが

 何度かありました。

 

・恋愛トークができていなかった。

 


<歩きすぎないように>


活動は多くても3万歩まで。

それ以上はケツが怪しくなってくる。


しかし今回は4万歩・・

連れ出しまでにかなり時間がかかってしまった。


これくらいまで歩きますと

メシを食べても回復せず、

前から歩いてくる人を避けられない。

 

体を故障させてしまわないように

無理しない活動が一番ですね。