一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

スマートにできました


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から約7時間の活動、約7声かけ。

抱いた数1、連れ出し1、連続先0。

 

<カウントログ>


自分の実力を正確に知るために

カウントログのアプリを導入しました。


アンドロイドでいくつか確認しましたが

自分が気に入ったインターフェイスでは

マシなアプリが無さそうで

複数の物事をカウントできるのは

1回きりのようです。

 

エクセルにでも日付と結果とを

メモしていこうかと思います。


あとログを取っているのは

無視、という項目で今回は2でした。


この2つの無視は、

女性に認知されてから声かけまでに

時間があったのが良くなかったです。


声かけに行こうかどうか

変に迷ってしまいました。

 


<乗り遅れたバス>


今回もまた5、60歳くらいの

夫婦がバスに遅れてきました。

バス発車後の「待ってくれ。」

 

しかし運転手さんが優しかったようで

拾ってあげていました。


このパターンは今まで総無視されていたので

運転手さんが拾ってあげているのを見て

ホッとしました。

 

今まで乗り遅れたなかで


・運転手に拾ってくれなかった人

→イキッた青年、あまりかわいくないJD


・運転手に拾ってくれた人

→5、60歳くらいの夫婦


でした。

 

あのときのJD、もし超かわいかったら

運転手さんは拾ってくれていたのだろうか。

 

 


<道聞きナンパ>


反応悪そうな女に反応悪そうな場所で

声をかけることになってしまったので

道聞きナンパをしてみました。


本当にわからない箇所を聞きまして、

女性は見事に教えてくれました・・が、


仲良くなりきれず道案内した後に

いろいろと打診しても

「いやー。」「イヤ!」

の連続でスタスタと歩いていかれました。

 

教えてくれただけでも良しとします。

 


<抱きの内容>


買い物袋を持っていて

暇そうに歩いていた女性へ声かけ。


これからさらに別の街へ

買い物へ行こうとしていたので

その前にちょっとだけお茶でも、

と連れ出し。

 

ところがその店が満席で

話していると女性は空腹のようで

 

いつも使っている

ホテル近くのメシ屋まで移動。

 

トークは、女性がたくさん喋ってくれて

笑顔も多かったので助かりました。

 

こちらがピークエンド切りを考え始めた時に

抜群のタイミングで

女性から出てきて欲しい言葉が出てきたので

うまく退店できました。

 

その次の手つなぎテストにおいても

これまたOKを暗に示す言葉が出てきたので

うまくホテル内に入ることができました。

 

さらに今回は運も味方しました。

 

ホテルは最初2軒とも満室でしたが

次の1軒で最後の1室を他のカップルより

一瞬早くタッチパネルのボタンを

押すことができ、なんとか入室できました。

 

 


<良かった点>


・沈黙あまり無くトークできたこと。


・冬にようやくまともに抱けたこと。

 今まで冬は全くダメでした。

 

 

<向上点>


・声かけ~連れ出し打診がザツだったこと。


→打診するまでにあまり楽しませることが

 できていなかった。いつも通りに早めに

 打診してしまった。

 

・連れ出し確定した瞬間に行き先のお店が

 満席かどうかを考えることを忘れていたこと。


→今回は結果的にはOKでしたが

 後の展開で有利な別の店に誘導するために

 意図的に最初に満席の店を選んだのであれば

 上出来だったと思います。

 

 

<いろいろと弱い>


同週末に会社の忘年会がありました。

最近は上品な懇親会か葬儀のような合コン

のときしか飲み屋に行っていないので

 

一般の方々の高すぎるテンションに

どんどん体力・精神力を奪われていきました。

店から出たときはホッとしました。

 

同じ部署の人間がうろついていたこともあり

飲み会後に声かけはせず・・

我が街にもそこそこ人がいたのにもったいない。

 

そして上述のホテルにおいても

暖房をつけるのを忘れていたからか

冷えて退室後は若干の風邪気味で声かけする気力が低下。

女性へ配慮できていなかったことにもなるので

ここは反省です。

 

風邪でダウンして寝込まないことも

この冬の目標のひとつとしているので

体調管理に十分気をつけていきたいです。