一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

切り替えできず


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から約9時間の活動、約25声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先1。

 

 

 

<1連れ出し目>


暇そうに歩いている女性へと声かけ。

この都会でこの髪型している女性見るのは

初めてかも。10年前に流行った髪型。

 

女性は年上でしたので

連れ出し自体はあっさりできました。

 

しかし久しぶりの

手を出せる個室への連れ出しであり、

してはいけないトークをしてしまう。

 

自滅だ、イカン。

 

ボディタッチをしてみても

途中で「今日はお話だけにしましょ」

と巻き返せず。

 

巻き返す気はそんなに

起きなかったですが巻き返しきれて

なかったとも思います。

 

というのも

トークのレパートリーが少なく

なんとか頭に浮かんできた言葉で

とっさに間をつなぐような状況。

 

自滅。

 


退店後はホテル前まで一緒に

歩いて行けず綱引きに屈してしまう。

 

「彼氏いるんで。」

 

じゃあ〇時から〇時までの1時間は

彼氏いない設定でどう。

 


で終わる。

 

 

 

<2連れ出し目>

 

普通に歩いている女性へ声かけ。

暇だそうでしてあっさり連れ出し。

今度はかなり年下の女性。

 

先ほどの失敗を克服するために

あえて手を出せる個室へと誘導しました。

 

ところが。

 

他に毒づいていたのはいい傾向ですが

突っ込みが鋭いこともあって

ひるんで手を出すことができませんでした。

 

せっかく連れ出したのに。

 

さらには女性がこちらに

色恋を仕掛けてきて

それをうまくいなせず。

 

またもや流れが

おかしくなってしまいました。

 

 

退店後はとりあえずホテルへ打診する。

 

 

さっき行ったのは

○○だけど、今から行くのは

スーパー○○だからね、と。

 

ここで、手繋ぎを切られそうになる。

そして

 

 

1センチだけでもいいじゃない。

 

 

で完全に切られてしまう。

女の子の日を崩すトークが頭から飛んでいて

つまらない返しになってしまいました。 

 

 

挽回不可能なところまで来ますと

自分を戒めるために連絡先は聞かない。

聞かずに解散しようとしましたところ

 

女性のほうから連絡先教えて、

と打診ありました。そして私は

ついつい教えてしまいました。

 

いつも拒否されてばかりなので

拒否できませんでした・・

 

 

<引きが悪い?>


夜、この街で活動されている

ナンパ師の方と待ち合わせるときに

自分の直感はどれくらいなのか

ふと気になって試してみました。

 

この方とこの場所で待ち合わせるときは

ある方向から来られることが

かなりの確率を占める。

 

でも今回は全然違う方向から

来られるのではないか、と予想し

その方向をずっと見ていたら予感的中。

闇の中から戦士が現れました。

 

我ながら自分の直感冴えてるな、

と感じましたが、なかなか

好みの女性を見つけられない一日だった

と感じています。

 

都会なので少し変わった場所を歩くだけで

また違った女性に会えると思いますので

いろんな場所を調査してみます。

 


<良かった点>


・途中で無理せず休憩を挟んだこと。

・女性の本気暴言に張り合って抵抗せず諦めたこと。

・手を出せる個室へとわざわざ誘導したこと。

 

 

<向上点>


・口説き方の流れが統一できていない

トークを覚えていない

・見た目の指摘がうまくできなかったので

 ボディタッチを失敗している

 

<環境に左右されない強さを持て>


春夏秋冬通して活動していますが、

まだ春と冬はその日じゅうに

抱けたことがありません。


これがまた

負け癖になっていく可能性が高いので

さらに力を入れて座学に声かけに

弱点を克服していきたいところです。