一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

喜びも束の間


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


約10時間の活動、約25声かけ。

抱いた数1、連れ出し4、連続先0。

 


<前々日>


いつもの地元の活動エリアにて

会社の飲み会がありましたので

その前後で声かけ。

 

しかし、対象の女性がいませんでした。

正確には、会社の人に

見つかるリスクを取ってまでも

声かけしたい女性がいませんでした。

 

残念だ。

 

<1連れ出し目>

 

これから美容院だという女性に声かけ。

少しだけならということで

自販機には連れ出せましたが、

私が飲み終わるとすぐに立ち去りました。

 


<2連れ出し目>


これから買い物という女性を発見。

で買い物に行かれる前に連れ出し。

難なくギラつける個室へと

連れ出すことができました。

 

トーク含め決めた時間内に

終わらせることができました。

ほぼゴネられず。

 

この女性、わりと好みでしたので

ホテルでじっくりといきたかったですが、

女性がそれを拒否したためその場で。

 

終わった後、解散時に

連絡先を聞こうとよっぽど思いましたが、

聞くのをやめました。

 

この女性と例えば結婚までする気は

起きそうに無かったので

失礼だと思いましたし、

 

私自身、手を出していって

ほぼゴネられずに抱けたのが気持ち悪く、

ただ運が良かっただけとしか思えませんでした。

 

ただ、ルックスを気に入ってくれただけ

なのかな、とも思いました。

 

ルックスにも私はできる限り

力を入れてきているつもりですが、

内面を好かれたいものです。

 

今後の成長のために連絡先を聞かず、

と言えば聞こえは良いですが、

女性から聞かれもしなかったです。

 

 

<3連れ出し目>


メインの活動エリアで上述の女性が

まだウロウロしている可能性があったので

少し離れたエリアで声かけ。

 

すると最初は軽く拒否されながらも

連れ出しに応じてくれました。

モテのオーラが出ていたと思います。

 

近くのカフェがことごとく

満席にも関わらず、7、8軒目くらいで

ようやく座ることができました。

 

冷められずに店を探そうとしてくれた

だけでも上出来でしたし、食いつきも

ちらほら確認することができました。

 


が、

 


ホテルまで何とか誘導し、

その少し手前から食いつきのテストを

行いますと失敗、雲行きが怪しくなります。

 

しかし先週の教訓から、最後まで

どうなるかわからないので

とりあえずホテルに入ろうとしたところ

 

絶対ムリ!普通の人と思っていたのに。

 

と言われました。

何をワケのわからないことを

言っているのやら。

 


手を出すのはマナーですし

普通の男は声をかけたりはしません。

声をかける男は、勇気を持った

圧倒的に良い男なのです。

 

それがわからない女は必要ありません。

 

とまあ、そう言いたいところですが

実際は単に私の教育不足なだけですので、

また復習します。

 

 

<4連れ出し目>


これから帰りという女性を

何とか自販機へと連れ出し。

 

わりと楽しんで

聞いてくれているのかと思いきや、

本当に宣言した時間で帰られてしまう。

 

とりあえず連絡先を打診してみるも、

拒否され。後日改めて、というのは

私からしても相当めんどくさい。

 

今回は全般、後日に会ってみたいと

思われなかったということになりますので、

ただ改善していくのみです。

 

 

<先に声かけられた>


さらに追い討ちをかけるように、

悔しい思いをしてしまいます。

 

最近ずっと、対面声かけを

避けていることに気がつきました。

 

無意識のうちにUターンして

声かけしようと距離を詰めていきますと

何と先に別の男に声かけられてしまいました。

 

しかもその男は対面?に近い

真横からの声かけ!やられた、、

 

しかも反応は悪くなさそう

だっただけに悔しい、、少なからず

私はまだ対面声かけに抵抗があります。

 

もっと自分の声かけに自信を持てるように

対面声かけについても実践を重ねて

慣れていこうと思います。

 

 

<良かった点>


・ギラつける個室で抱けた(完結、初)こと。

・活動を通してあまり心が揺れていなかったこと。

・雨が反応悪いという思い込みを壊すきっかけを掴めたこと。

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・自分が歩くときの姿勢が良くなるよう

 意識して歩かなければいけない。


・対面声かけをためらわない。

 

 

<たりない>


ギラつける個室で抱けたのは

活動を通して実は今回が初めてでした。

しかもやや自分好みの女性で。

 

ここは大いに喜ぶべきなのですが、

先に別の男に声かけられた悔しさや

連れ出せなかった女性が

何人もいたことで喜びは打ち消されていく。

 

なかなか満足ができないです。

 

過去に手に入れ損ね続けてきた何人もの女性。

これを上回る女性を何人も・・いや

死ぬほど手に入れなければ

満足できないかもしれません。

 

今、目の前にいない女性達ですので

当時以上に記憶の中で輝いて現れ、

私はその過去の幻想?を追い続ける。

 

まあそういうのも

いいのではないかと思います。

深みにはまっていきましょう。