一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

もっと落ち着いて

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


1時間半の活動、1声かけ、見逃し2。

抱いた数0、雑談未遂。

 

<声かけ>


信号待ちの女性へ声かけ。

信号が青になってから声をかけようと

追い抜く・・とあまりかわいくはない。

 

が、

 

選り好みしていると

ウオーキングしただけで帰宅、

となってしまいますので声かけ。

 

女性は無視。

 

無視してくると思っていなかったが、

慌てず無視を崩しにかかる。


この、崩している瞬間に

少なからず心が揺れている・・


というのも、周りの人に

うわ・・無視されてる、

と思われるのがイヤだからです。

 

目立ちますし、地元なので

緊張はさらに高まります。


しかし今回はわりと落ち着いて

崩していることを確認できました。

 


しかし無視を崩してトークを始めていくのは

いいものの、信号が青になったときに

立ち止めしきれずに歩いていってしまう。

 

その後、自販機のところで

女性の動きが止まったのはいいものの、

1、2分で女性の友人が来てしまい、終了。

 


<見逃し>


・踊り場付き階段でいきなり女性が現れた場合

・自転車で停止している信号待ち女性


この2名に声かけできませんでした。

近くで見ますと、やや好みではなかったですが

後で考えると声かけしておくべきだったと思います。

 


<引退>


半年以上やって成果無いのなら

引退するしかないのでは。

才能が無い。

 

と同僚に言われました。

ナンパを引退するということは、

男を引退するということと

変わりがありません。

 

「そんなことできるわけがない、

 時間と金とエネルギーをさらにつぎ込むだけだ」

 

と言い返しました。

しかしここで大学の教授の言葉が

脳内に浮かんできます。

 

勉強しなくて成績悪いのはいいが、

勉強して成績悪いのは救いようが無い。

 

まさにその通りで、

そこは自分の頭の悪さを呪うしかない。

 

しかしこれだと悪循環ですので、

今まで無駄に使ってしまった資源のことは

一度水に流し、

 

少しずつでも目標に近づいていくような

行動を意識し、脳を強化していこうと思います。

ダメなところは、今から、直していけばいい。

 

またいろいろと、考えてしまいました。

時間がいくらあっても足りない・・


し、もしかしたら

引退をかけて活動すべき時が

もうそこまで来ているのかもしれません・・

 

広告を非表示にする