一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

良い季節なのに


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


約10時間の活動、約25声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先2。

 

<1連れ出し目>


迷い中の女性へ声かけ。

道案内のついでに連れ出すことが

できました。

 

今の時期は昨年を通してみた時に

最も反応の良い時期でして

よく最初から連れ出しできています。

 

その後さらに

手を出せる個室へと移動し、

一気に攻めようとする。

 

しかし手つなぎで急に機嫌が悪くなり

時間も全然足りず終わる。

 

全然距離が詰まっていないではないか。

情けない。

 


<2連れ出し目>


無視かつ彼氏がいる、とゴネられながらも

自販機へと連れ出しできました。

 

これは私の中では快挙、

自信のコレクションに入れておこう。

 

しかしこの彼氏が闇系の人であったこと、

また別の場所への連れ出しにも

応じなかったことから、追わず。

 

 

<連絡先ひとつ目>


これから仕事という女性に声かけ。

ただし闇系の女性でして、

「私は客にはならん」と伝えておき

何とか連絡先を手に入れることができました。

 

なんだかなあ。

そんなにうれしくはない。

 

ただ、ヘラヘラしている、

と言われたことが

良かったかもしれません。

 

自分の声かけを後から振り返って

どうも恥ずかしいと感じているのは

これが理由だということが認識できたためです。

 


<連絡先ふたつ目>


これから友人と会うという女性に声かけ。

もう私もこの都会から

去らなければいけない時間帯。

 

重みが抜けて自然感が出てきているのか、

女性が弱っているのか、

この時間帯もまた、うまく行くことが

多い気がしています。

 

この感覚を覚えておこうと思います。

 

 

<道聞かれ>


待ち合わせしている女性に

声かけを行っていた時に、

K国人の方が私に道を聞いてきました。

 

私は日本人代表として

無下にはできませんでしたので

相手の意図することを予測し、

方角を教えていました。

 

その瞬間、ここぞとばかりに

女性は姿をくらます。

 

このままでは終わらせない。

帝王のごとくヅカヅカと闊歩し

再びその女性にさらに強気に声をかけにいく。

 

女性は逃げていきました。

 

人を助けるのが良いのか、

自分の欲望を貫くのがいいのか、、

わからなくなってきました。

 

 

<良かった点>


・個室の時間をうまく設定できたこと。

・活動時間帯は偏りなくまんべんなく声かけできたこと。

・無視、彼氏ありなどを崩して連れ出したこと。

 

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

 

・あまり喋らない女性への対応がまずい。

 本当に苦手だとよくわかったので復習です。

 

・後半、声かけに集中して痔を再発させてしまったこと。

 適度に休憩しつつ活動しないとまた後々

 やっかいなことになりそうです。

 

<人生の課題>


最近よく感じるのは、

他人と競争してはいけない、

ということです。


世間ではよく言われていることですが、

実際自分の生活で何かを目指そうとしたとき、

必ずこの壁にぶち当たることと思います。

 

私はこの言葉が頭から離れません。

常につきまとい支配しています。

 

ここを乗り越えれば

人間としての土台がしっかりするはずですので

焦らず少しずつ強化していきます。