一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

全滅

都会に遠征に行ってきました。



<結果>

約10時間の活動、約25声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先3。





<1声かけ目>



今回は非常に体調が良い。

睡眠時間もわりと取れましたし、

口内炎や痔などの足かせも

影を潜めていました。



朝からの1声かけ。

うまく声が出ずに散々でしたが、

これから仕事という女性から

連絡先を聞くことができました。



良いスタートです。





<その他の連絡先>



残り2つとも、駅へと向かう女性から

聞くことができました。



若干しつこくなってしまったので、

振り返ってより楽しませる言葉を探します。





<午後からの活動>



午後からは自分に負けてしまい

心が揺れていました。自分を信じることが

できなくなってしまったのです。



トークはうまくできなかったものの

反応は悪くなかったので

ノンバーバルの部分が向上してきたと

思っていましたが

それさえも全然ダメになりました。



こうなっては終わり。

もうさっさと帰りたい。



バス会社に問い合わせしても

早い便は空いていなかった。



メシを食べた後は少し回復し

最後の最後まで声かけしようと意気込んで、

最後まで声かけできた。




死んでいた自信が

少し戻ってきているように思えた。



帰りの時間が近くなってきた頃、

路上ライブの歌声が聴こえてくる。

別々の箇所で2曲ほど。



私は無意識に

歌の聴こえる方へと歩いていった。

どちらも私の好きな曲で

聞き入ってしまいました。




私も凹んでいないで、

人にプラスとなるような

楽しませる声かけをしていきたい。




今回手に入れた連絡先は全滅

別途やりとりをしていた女性も

私のミスで失う。





全滅だ。





<良かった点>



・通常の気分の声かけは初期反応が取れたこと。

・自分の体を気遣った活動ができたこと。





<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?



人をダメにさせるのは「疑い」だ

自分自身を信じることができなかった

だからたくさん失った



積み重ねていった日々の自信が

崩れ落ちる





「覆水盆に返らず」



ということわざがあるが、その一方で



「こぼれた水は、また汲めばいい。」



という名言がある。





自信もこれと同じ。

失ったら終わりではなく、

また少しずつ、

取り戻していくといいと思います。