一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

説得オヤジ


デートに行っていました。


<結果>


ゴネられて終わる

 

<内容>


この女性と会うのは3回目。

頭の固い女性でして

思い出しただけで腹が立ちます。

 

詳細は描くことができませんが、

「そこから動かない」女性でした。

 

ホテル前での綱引き、に近いですが、

クルマのシートから離れようとしないのです。


シートから動くと主導権を取られるのが

明白なので絶対イヤ!!

 

という感じでしょうか。

 

頭が固いのを潰していくためのトーク

気がつけば説得のようになっており、


口調も気がつけば父親のような口調に

なっていました。

 

そういう思考だからお前は

いまだに〇〇なのだ、

 

という感じでしょうか。最悪です。

自分もこれ言われる度に

昔はイライラしていたものですが

 

女性がゴネるのを軽減させるために

使うトークがいつの間にかこのような

どストレートな説得になっていたのです。

 


何を言っても

自分がやりたいために言っているように

聞こえてしまう。

 

前回会ったときにしとめておかなかったのも

いけませんが、今回は流れがザツになったのも

いけなかった。

 

食事デートもよくはない。

純粋に今回は私が食事を楽しみたかったから

食事デートにしたのです。

 


頭の固い女にゴネられると

気が狂いそうだ

 


いやもうすでに狂っている

 

 

<良かった点>


良い流れでデートに持ち込んだこと。

 


<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・イライラさせられる女性とのトークを聞くこと。

 


<もう少しマシな結果になると思ったが>


こんなに頑なに拒否されるとは思わなかった。

もう帰る、を崩せなかった。

イライラして説得してしまった。

 

時間をかければ落とせると思いますが

それはつまらない。それでは足りない。

 

いくら害虫扱いされても

私は時短にこだわるつもりです。

 

何度拒否されたとしても、

自分を保てないことがあったとしても、

自分はダメな人間だとは思わないことだ。

自分をやさしい目で見るべきだ。