読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

安心、そして・・

ストリート

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


2時間の活動、3声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先2。

 

 


<1声かけ目>


出会いがあまり無いと嘆いている同僚と

花見に行ってきました。


以前に1度だけ私とコンビで

活動したことがあります。

 

で、会場に到着すると・・

ものの見事に女性がいない。

これはひどい


天気もすごく良いので

女性がいるかと思いましたが、

 

翌日から週末のせいか、

花も散りかけているからか

女性はほぼいませんでした。

 

お店から漂ってくる食べ物のニオイにやられ、

メシに行くことにしました。

食べ終えてもう一度会場へ足を運ぶと・・

 

ようやくいました、花見に来て

ブルーシートに座っている女性2人組が。

 

で、ここで声かけを行う。

私が先頭で突っ込んでいく。

 

少し話した後、女性がシートに

座らせてくれました。

 

そして15分くらいトークした後、

女性の連れがくるというので

連絡先を交換して立ち去りました。

 

同僚に成功体験をしてもらうことができ、

いい活動であったかなと思います。

 

警戒心がほぼ0だったので

ラッキーでした。

 


<2声かけ目>


会場にずっといるわけにはいかないので

ストリートへ変更。歩いていると

2人組の女性を発見。

 

もちろん私が先頭になって

声をかけに行く。


すると女性は急に2人で話はじめて

店内へと逃げていく。


まあ・・追いかけたくなるほどでも

なかったのでこれでいいでしょう。

 

 

<3声かけ目>


同じくストリートで3人組の女性を発見。

位置関係的にひとりの女性に声をかけると、

残りの2人がその一人を救出するように

話しかけてきて連れ去られてしまう。

 

逃げられちゃった。

 


<良かった点>


・ささやかですが、同僚にナンパ活動の成功を

 体験させてあげたこと。


・同僚の「もういい歳なんだから・・」を

 一蹴したこと。

 いい歳どころか、まだまだ足りない。

 

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・相方が自分軸の話をする傾向があったので、

 それをうまく女性軸に修正していけるような

 トークの流れを作れるようになりたい。


・誰かとメシに行くと食べ過ぎてしまうこと。

 ・・まあ、食べないよりは良いかもしれません。


・同僚にナンパの技術を説明するときに、

 同僚のプライドを傷つけずに

 うまく伝えられたかどうかがわからない。
 
 人と一緒にいるときは常に
 
 相手の立場になることを意識する。

 

 

<ボーナスステージは終わり>


花見シーズンが終わるのは寂しいですね。

この時の楽しかった気分を忘れずに

これからの季節を活動していこうと思います。