読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

そんな理由で・・

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


1時間半の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先0。

 

<ドタキャン>


デートの予定でした。

 

が。

 

このタイミングでそんなことあります?

というような理由でドタキャン。

 

女性の感じから予想すると

本当のようでしたが・・真実はわかりません。

 

 

<1声かけ目>


デートが流れたのであれば、声かけだ。

準備をして、地元の繁華街へ。


翌日に同僚とその近くの花見会場へ

声かけに行くため、

その偵察がてらに行ってきました。

 

食べ過ぎたのでウオーキングに。

また、声かけに慣れるためにも。

もともとデートで街へ行く予定だったため

引きこもっていてはいけないと思いました。

 

仕事帰りの女性を発見、声かけを行う。

立ち止めはなんとかできましたが、

距離が遠くなり引きつけることができず。

 

<2声かけ目>


こちらもまた、仕事帰りの女性。

ルックスはまあ、先ほどの女性と同様で

ギリギリOKかNGか判断し兼ねるくらい。

 

ただ、そんなことを言っているから

経験不足となるわけなので

選り好みせずに声をかけに行く。

 

今度は立ち止めもできず、

「もう電車に乗らないといけないから」

を崩せませんでした。

 

<3声かけ目>


4人組の女性を発見。この日イチばんだ。

しかしブルーシートに突っ込んでいってまで

声かけをすることができず。

 

これではいけない。

 

こういうことでためらっていると、

また選り好み→無気力、つまり地蔵癖が

出てきそうです。

今度は必ず突っ込みます・・

 

まあ、私が立ち止まっていたときに

ソロで写メ撮っている女性がいたので声かけ。


若い。

 

個室に行くと良くなさそうでしたので

コーヒー飲みながら散歩して解散

 

<4声かけ目>


帰り際に2人組を見かけたので声かけ。

私ほどの男が声をかけているというのに

二人で花見すると言ってうるさいので、

深くは追わないことにしました。

 

 

<良かった点>


・立ち止めを意識することを、声かけ中に

 意識できたこと。


・二人組に声かけを行ったこと。

 


<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・デートの予定は本当に早いうちに組む。

 何が起こるか本当にわからない。


・タイミングを見失ったときに

 後戻りして声かけをしなかったため、

 絶対逃さないという気迫を思い出すこと。


・対面声かけに対してまだためらいがある。

 そしてタイミングを見失っている。

 3回くらいタイミングを失敗した。

 ノーブレーキで行け。

 


<ゲストにはおいしい思いを>


出会いがないという同僚と出撃予定なので、

次回はその同僚に満足をして頂けるような活動を

したいと考えております。


まずはテンションの高さを意識します。