読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

戦意喪失続き

 

都会に遠征に行ってきました。

いつもとは違う都会です。

 

<結果>


1日目は終電時刻付近に

約1時間半の活動、7声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先1。

 

2日目は昼前から

約5時間半の活動、約15声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0

 


<体調不良>


非常に悔しいことに、

前回の地元での活動翌日に高熱が出ました。

その翌日にインフルだと発覚。

 

そこに服を置いているのに寒すぎて

布団から出られず、

凍えるような夜を過ごしました。

 

朦朧とした頭で着信を見ますと。

 

前回の活動で連絡先を手に入れた女性が

デートの約束を確定させた10分後に

 

「やっぱ無理、」

 

と言ってきたので、容赦なく削除しました。

 

インフルは熱が引いた後のほうが怖い。

喉をやられるからです。

 

喘息を発症しないように

治すことに必死でした。

これにより2週間近く何もできず。

 

あーあ、、遅れを取り戻さなければ。

 

 

<1日目の活動>


なんと声かけた女性が

自分と同じホテルに宿泊していることが

わかりました。話がわりと早い。

 

ですがホテルへと向かう途中に立ち止めできず、

ロビーまで一緒に来てもらっても

自室まで連れ込みもできず。

ラインは聞いたものの既読スルー。

 

こんなチャンスをモノにできないとは。

楽しませ不足です。

 


<2日目の活動>


最初はソロ女性が多かったですが、

さすがの低反応。久しぶりの活動だと

低反応でイライラが募り、精神が弱っていく。

 

で、活動後半になると二人組が一気に増え、

ソロ女性を見ても何とも思わなくなり、

一気に戦意喪失気味に。

 

この症状が最近ホント多いです。

 

とても良い環境で活動できるこの短い時間を

無駄にしてしまった自分に腹が立ちます。

 

そして、腹が立つのに

改善できていない自分にがっかり。


何よりもまず声かけ数を増やして

いかなければいけません。

 


<良かった点>


一日目の活動では全員に口を開かせたこと。

 


<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・活動開始時のワクワクした気持ちが

 活動中盤でほぼなくなったこと。

 自分の顔の表情も死んでいた。

 気持ちを持続する方法を準備する。

 

・低反応やシカトに対して強気なのはいいが、

 女性にとって楽しくないトークになっていたこと。

 心に余裕を持たせて楽しいトークを心掛けたいです。


・声かけの最初が弱く、反応取れても

 つまらない男だと思われていたと思う。

 しっかり女性を観察し最適な言葉選びをしたい。 

 


<惜しくもなんともない>


今回の活動は「人事を尽くして天命を待つ」の

逆バージョンのような結末でした。


何も努力していない上に実践での行動数も少ない。

それで何の運を引き寄せられるのか。


また明日から気を引き締めて過ごしていきます。