読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

あと一歩たりず

都会に遠征に行ってきました。

2週間ぶりの活動です。



<結果>

昼前から約9時間の活動、約20声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先1。



わりと歩きました。

でも歩数は確認すると

疲れが押し寄せてくるので確認せず。



<舌打ち>



久しぶりに?声かけた女性から

罵声とまではいかないけれど

舌打ちされました。



ん?



いや、舌打ちされっぱなしで

引き下がれるか!

と思ってまた言葉を浴びせていきますと。



もうマジ無理。



などと言われました。

まあそこまでムキになって

追いかけるほどでもなかったので

追いかけず。



やられっぱなしでは終われない、

強気なマインドを育てていきます。





<連れ出し>



ぎりぎりイケるか!?

という女性に声かけ。すると完全に無視。



やれやれ、無視を崩すのは疲れます。



ずっと言葉を投げ掛けていますと女性、

「なに言ってるか聞こえない」



これはショックでした。

声量の調整が難しいのです。

人がかなり密集していて

ケイタイとイヤホンで対策されると

ちょうどいい声量がわかりません。



女性は、

あなた無駄なことしてますよ、

と親切心に口を開いてくれた、

というわけです。



で、口を開いてくれたら早速連れ出しを打診。

もう改札に近いところまで来ていたので

取りあえず離れる方向にしていく。



ここで

あそこに見えるあのカフェ行きましょ、

でも満員だったら諦めます、だったら

確率低いからカフェまで行ってもよくない?



と最近思いついた声かけで移動させる。

でやっぱりカフェは満員でしたので



じゃ自販機へ、



ということで自販機連れ出し。

で、私が飲み終わる頃に女性、



もう行ってもいい?



と言ってきたので、

まあまあまあ、となだめる。



そしてダメ元で手繋ぎを打診。

すると手を繋いでくれる。し、

肩も短時間ですが、抱かせてくれる。

あれ??



あなた言ってることと行動が

逆じゃないですか。



な女性のようでしたのでこれはもう

ホテルへ行くしかない。



しかしまだまだ食いつき不足だと

感じたのでギラつける個室へと連れていく。



すると女性、待ち合わせ相手に

遅れる、と連絡をしている。



しかしそう時間はない。

久しぶりに会う友達のようでしたので

キャンセルさせるのは難しそう。



でも30分もあれば十分だ。



ということでガンガン手を出して行く。

するともうあと一歩のところで

チャラくないとゴネられタイムアップ。



しかしまだ終わらん。



個室を出た後に再び

ホテルへと歩いていく。



ここを曲がれば到着、というところで

綱引きで負けてしまう。



で、違う方角からホテルへ再度行こうと

また歩き出したときに、曲がり角で女性が、



ホテル行くなら帰る



というのでこちらから手繋ぎを切ると

女性はまた手を繋いでこようとした。



もう遅い。



ホテルに行く気もないのに

この私を手に入れられると思うなよ?



ということで連絡先も聞かずに解散。



個室内であと一歩届かなかった点は、

しっかりと反省します。





<連絡先入手>



先週は活動できていなかった分、

体の余計な脂肪を燃焼させようと

ずっと歩き回っていました。



でもさすがに帰りのバスに乗る前に

何か食べた方がいいかと思いメシを食う。



バス発車までの少しの時間、

疲労した足の最後のエネルギーを振り絞って

駅構内を歩き回る。



すると待ち合わせ女性を発見、

声をかける。



シカトもなく、普通に話できて

連絡先を交換。まあ、後々約束を

取りつけてもいいかなという女性でした。



<他のナンパ師>



私が声をかけようと判断し、

Uターンした瞬間に、いつの間にかいた

ナンパ師に先を越されました。



少し距離を置いて後からついていく。

ハイエナ的声かけで連れ出してやる、

という強気の気持ち。



見ていると連絡先交換して解散していました。

あまいな。



で、解散したようなのでつけていくと

さらに別の男が声をかけている。



その男は失敗したようで

すぐに諦めていました。



で、ようやく私が声をかける。

しかし女性はこれから仕事で、

しかも自分が経営をしている仕事のようでしたので



連れ出すのは悪いかな、と思い解散。

良さそうな体つきでしたが

近くで見るとまあまあでしたので

連絡先は聞かず。



都会の活動では

普通の女性と約束を取りつけるなら

声かけに時間を割く。



と最近決めていますので

ラインを打診することが少なくなりました。



あくまでも即日志向でいきます。



<嗅覚>



活動前半、自分には良い女性を引き当てる

運や嗅覚のようなものがないのか?

などと気分が落ち気味でしたが、



いやそんなことはない、

自分がしっかり周りを見ていないだけだ、

と言い聞かせて歩いていると

今日イチバンの女性を発見。



無視もなく、話してはくれましたが

連れ出しも連絡先入手もできず。



その瞬間、日々の無駄に過ごしてしまった時間について思いが巡る。



もう少し座学していれば。





まあ、少しずつ無駄を

なくしていこうと思います。

この無駄をなくすことで

座学の時間も睡眠時間も確保できます。





<良かった点>

・女性の言葉に惑わされず、行動を見て食いつきを判断できたこと。

・普段と違う場所も歩くように心がけたこと。

・ガンガンギラついたこと。

・久しぶりにギラつける個室に連れ出したこと。





<向上点>

もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

・滑舌の悪さ、声量の不足。ボイストレーニングもまた少しずつ再開し、無視を崩すためのセリフも強化していきたい。

・1ギラつき1フレーズではイカン。間や沈黙ができたり同じフレーズを何回か使っていた。

・自分のをコンニチハさせるのを忘れていたこと。



<ラッキーしか拾えていない>



今回話してくれたり

相手してくれた女性は、

最初から食いつきがまあまああった、

という感触しか感じない。



的確に食いつきを上げていけるように

また座学したり、今回の自分の音声を

振り返っていきます。