読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

選びすぎ

ストリート

 

都会に遠征に行ってきました。

ストリートナンパを本格的に始めようと

思った日からちょうど2年になります。

 

<結果>


昼前から約8時間の活動、3声かけ。

抱いた数:0、連れ出し:0、連絡先:0。

 

選びすぎました、女性を。

 

<内容>


いつも活動後半でエネルギー切れになるので

今回は精神面のエネルギーを温存する意味で

好みの女性が来たときにのみ声かけを行う方針で

行こうとしていました。

 

また、これまでのこの街での自分の活動経験や

先生のアドバイスから

地下よりも地上のほうが良い女性が多いという

傾向がありましたので

地下には一歩も足を踏み入れない、

という縛りつきで活動をしてみました。

 


しかし・・良い女性を引き寄せることができず、

ほとんど声かけしないまま終わってしまう。

 

都会だから、良い女性がいないというと

それはウソになるとは思いますが、

おそらく自分自身の中で女性をかわいいと思う

その基準が上がってしまって

あまり女性をかわいいと思わなくなったような

気がするのです。

 

例えば数年前はコ○パニ○ンとか

レベルが違いすぎる・・などと感じていましたが

声かけをしていますと、別にそうでもないかな?

などと思うようになってきています。

 

そこらへんの女性がちょっと露出の多い恰好を

しているだけ・・のような。

 

これはこれで、女性に声かけするときに

緊張度がかなり下がるということになりますので

むしろナンパにおいては有利になってきていると

感じています。

 

なので1回の失敗、1日の失敗で

一喜一憂するのではなく、

長い目で見て実力を少しずつ向上させていこうと

考えております。

 

 

<良かった点>


自分は世界で最も価値のある男だと

言い聞かせて街を歩いたこと。

 

<向上点>


声かけ前に戻れるなら何をするか?


・オンリーワンの声かけができるように

 女性の特徴を掴む練習をする。


・許容内かつ想定内の言葉を集めていく。

 


<この2年間でできるようになったこと>

 

・ファッションのサイズ感、季節感を意識すること。

・健康、体型を意識すること。

・女性軸の会話を意識すること。

・相手の言葉を拾うことを意識すること。

・自分の使う言葉を丁寧に選ぼうと意識すること。

・声かけしたら必ず記事更新したこと。

・2度寝をほぼしなくなったこと。

・自分を良く見せる意識を捨てようとしていること。

・先延ばしをできるだけやめること。

・自分は凡人ではないと思えるようになったこと。

 

いやあ、ざっくり挙げただけでも

良いことばかりじゃあないですか。

これからも、もっともっと

良いこと増えていくと思います。

 

 


<3年目に入っての意気込み>


やはり、いつでもどこでも

連れ出して抱くことに集中するのみです。


そのために、女性から

興味を持ってもらえるような男に

なっていきたいと思います。


余裕のある男に、なりたいです。