読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

こういう活動を増やしていきたい

いつもの都会での、二日目の活動です。



<結果>

2 日目

昼前から約8時間の活動、声かけ数は30いかないくらい。

抱いた数0、連れ出し2、連続先2。

まだまだ、全然足りない。





<1連れ出し目>


これから友人と会う、という女性に声かけ。

もう友達来るとか、他にもいいコいるとか、

ラインもムリ、などと

ゴネていましたが、粘りに粘って

「1杯だけなら。」

と連れ出すことができました。



我ながら会心の声かけでした。

私の求めていたもの、それは逆転です。



これまでは、まあ事後だから

言えるのかもしれませんが

最初からイケそうな女性ばかり

連れ出していた気がするのです。



しかし今回は、粘れば連れ出せる、

というのが体感できたと思うのです。



気持ちは粘りたくても、これまでは

手数が足りずにしくじってばかりでしたが、

なんとか連れ出しできました。



また復習して、

連れ出し率を上げていきたいです。



<2連れ出し目>


昼間っから飲みたいという女性を発見、

あっさりと連れ出し。



連れ出し先は私がストリートで初めて

抱いた女性を連れ出した店。



女性は強めの酒を頼む。私はジュースだ。



しかし中盤から歯車が狂ってくる、

深い話にもっていけない。

うわべのお話ばかり。



退店後に女性に時間あるか聞くと、



「トモダチからいっぱいライン来てるんで、、」



いかん、また雲行きが怪しく、、

昨日降っていた雨は

今日になって完全に止んだのでは

なかったのか?



だがこちらも負けてはいない。



「でも1時間くらい大丈夫でしょ。」



と切り返す。女性は、

友達いない、と言っていたので強気に攻める。



ところがホテル方面へ曲がるときに

え?何があるの、どこ行くの?



と聞かれ、超ど直球に行き先を告げますと

(告げてしまいますと)


「ばいばーい」

で終了しました。去る者追わず。

徐々に匂わせるのがヘタクソ。



<連絡先入手> 


もうすぐバイト、という女性から入手。

特にゴネられることもなく。

急な雨に傘もさしてくれましたが、

返信来るかどうかはまだわかりません。





<良かった点>

・うまく粘れば連れ出せると体感できたこと。

・女性の言葉を真に受けなかったこと。

・ケイタイの歩数表示を消したこと。
 歩いた歩数と現在の成果を照らしあわせて
 しまう。歩数確認はマイナスにしかなっていない。

・トークに詰まったときに使うフレーズを
 うまく使えたこと。もっとレパートリーを
 増やしておく。



<向上点>

もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

・連れ出し時のピークエンド切りの
 タイミング判断ミス。

・連れ出し時、女性軸のトークに持っていっても
 深堀りできなかったこと。



<高速バスから見る夜景>


遠征から帰るとき、高速道路から

見渡せる夜景が私は好きです。



都会を一人歩いていますと、

何も手に入れられなくて「何してるんだ僕は。」



と思うときもあれば、なぜか

すべてを手に入れた気分になって

闊歩しているときもあります。



夜景を見ていると、それと似た気分を

味わうことができます。



こんな些細なことでも、

自分の気力を充実させるものを

見つけていくことができれば

もっと良い声かけができると思いますので



そういった視点も持ちながら

日々過ごしていこうと思います。