一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

出撃の頻度

 

ストリートに行ってきました。

久しぶりに地元での活動です。

 

<結果>


1時間半の活動、3声かけ。

0即、0連れ出し、0エルゲ。

 

まあ・・結果は良くないですが、

繁華街を歩くのは良い気分転換になりますね。

自分の気持ちも引き締まりますし。

 


<1声かけ目>


正面から歩いてきた女性が

いきなりUターンして戻っていったので

追い抜き声かけを実施。

 

油断していた・・のは私でした、

なんとガンシカ。

田舎街でもちょくちょくガンシカはあります。

 

 

えっ、なんでお前程度の女がガンシカなのよ・・

と思いつつガンシカ崩しを続けてみましたが、

崩すほどのフレーズのバリエーションが

出て来なかったことと、

 

粘る気が失せたのとが重なり、

追わないことにしました。

 

 

粘る気が失せた、とよく言っていますが、

これはもしかしますと

言い訳なのかもしれません・・。

 

崩すことができたり、

もしくは反応がものすごく良かったりした場合、

こちらもうれしくなって

トークを続けていた可能性が高いです。

 

ガンシカをされても

100%崩せるように修行あるのみです。

 


<2声かけ目>


ぼーっと突っ立っている女性へ声かけ。

なぜ女性がそうしていたかを言うことは

できませんが声をかけると反応してくれました。

 

女性のこれからの予定の場所まで送り続け、

ラインを打診するもラインしていないとのこと。

 

アドレスならあると言っていましたが

ここからの次の押しの一手を打つ気が起きず、解散。

 

地元では女性の数が少ないので

最後まで攻め続ければ良かったと後悔です。

 


<3声かけ目>


迎え待ちの女性へ声かけ。

こちらのトークに2、3回うなずくも

途中からガンシカ。

 

ストリートに出る回数が少ないと

ガンシカに対して動揺してしまいますし、

崩すためのフレーズが出て来ない。

 

都会でこのレベルの女性であれば

終始ガンシカしてくるような雰囲気でしたが、

今回は少し反応が取れたので

ここから巻き返していけなかった点が悔しいです。

 

<向上点>


・ガンシカ崩し×10個、待ち合わせ低反応崩し×10個

 くらいを考えずに口から出せるようにしておきたい。


・地元では平日にアポの予定を入れることが可能なので

 連れ出し不可の場合は途中で投げ出さず限界まで粘って

 連絡先を手に入れるようにする。


・自分のテンションが少し落ち着いていたこと。


・女性との並行トークでついつい女性より速く

 歩いてしまったこと。


・女性とのトーク中に間ができて

 女性にその間を埋めさせてしまったこと。

 

<良かった点>


・声をかけにくい位置関係でも声かけを行ったこと。


・繁華街を楽しい気分で歩いたこと。


・自分が話していても

 女性軸の会話に戻すことを意識したこと。

 


<出撃の頻度>

 

地元活動エリアでの声かけは

アクセス時間、女性の数などから

非効率になると判断し、最近は避けていました。

 

週1回の、都会での活動に

力を入れれば良いと考えていました。

 

その結果の平日活動パターンが以下です。

 


・ある日はニュースや気分転換の動画を見続けてしまう。

・ある日は座学を行うが頭に入っていない。

・ある日は残業で遅くなって帰ってきてすぐに寝る。

 

この3点の根っこに共通する考えが

「出撃の日は、まだ少し先だから」

というものであることに気づきました。

 


まだ先だから、集中して座学しなくても良いだろう、

いや、正確には集中できていないのだと思います。

ですので、

 

活動→座学→活動

 

の周期を短くすることで、集中した座学ができるようになる、

(座学無しでの出撃により同じ失敗を繰り返したくないので)

つまりこれがアウトプットを前提とした学習になるのでは?

 

と思いましたので、こういった観点では

非効率なはずの平日地元でのストリート活動が、

意味のあるものになってくるのではないかと感じました。

 

自分に合った最適な活動ペースを検証していきます。