一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

食いつきはあったけれども

 

アポに行ってきました。

リアルお見合いの女性です。


<結果>


メシ→ドライブ→公園

ギラつきで止める


いかんいかん、手を出してはイカン。

 

<内容>


出会いがリアルお見合いというところが

自分の好きにできないので気に入らない。

 

しかしどれくらいの食いつきがあるのかと

気になって試しにギラついてみると

ノーグダで受け入れてくれる。

 

後ろから抱きついてのわしづかみ・・

ではなく貝が閉じて開くかのようにつかむ。

 

その後はホテルに行けそうな感じでしたが

あとあと面倒なことになりそうな気がして

ホテル前を通りすぎる。そして解散。

 

解散後も食いつきは高い。

 

ということで振る舞いは

良かったのかもしれません・・。

 

<向上点>


やはり間ができてしまう。


・どのように回答するか

・どのように相槌を打つか

・どのような質問をするか


この3点を常に強化していく必要があります。

 

また、メシ序盤では

個人情報以外のトークでの距離縮めが

ほとんどできていなかった。

 


<良かった点>


ピーク切りをこちらから毎回

行っていったこと。

 


<また風邪を>


先週末に風邪でダウンし、

都会への遠征を断念しました。

 

体力的には大丈夫でしたが

遠征により風邪がぶり返してしまっても

地獄になりますのでここは大人しく自粛。

 

風邪は防寒ができていなかったことによる

冷えからの風邪。大丈夫だろうと。

まったくこのパターンがとても多く、情けない。

 

夏だろうが冬だろうが寒気を感じたら

いち早く暖を取る行動を取って

体調管理に気をつけていこうと感じました。

 

一度風邪を引けば3、4日は何もできず、

その時間は死んでいることになる。

これは致命的。


常にインプットアウトプットし続けて

少しずつでも前に進んでいけるようにしたい。

 


<ドタ>


先週エルゲした女性とアポ確定していたものの

肝心の集合場所を決める前に

アポの日が来てしまう。女性からの連絡はいつも遅い。

 

これはアポに来ないパターンか?

 

と思い、ドタキャンしてくる前提で過ごしていると

その日の終わり間際にようやく連絡あり。

 

ケイタイが手元になかっただけかもしれませんが

前日までにしっかりと場所を決めようとしないこと

(こちらの提案に対して返信する気が感じられない)からも

もう相手するのは時間の無駄だと思い、そのままラインから削除。

 


この女性はもう結構ですが、

女性をこのようにさせてしまわないように

もっと楽しませていけるようになりたいところです。