一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

やはりストリートが良い


都会に遠征に行ってきました。

いつもの都会ですが、今回は長期旅行後に

立ち寄るという感じでしたので、

アポがメインになりました。


<アポ結果>

1日目 既セクとのアポ


生理とのことで面倒なので
2時間くらいトークし解散。


2日目 新規女性とのアポ


グダ。


<ストリート結果>

1日目

1時間程度の活動、コンビで
交互にソロ活動する感じです。

5声かけ1エルゲ。


2日目

2声かけ、成果なし。

 

<某国への旅行>


1週間ほど、治安の悪い国へ

旅行に行っていました。

目的は、大人の遊び場を見学すること。

 

ずっと誘われていましたが、

ストリートナンパをはじめてからは

ナンパの厳しさから逃げて

風○へ流れてはいけないと思い

ずっと断ってきていました。

 

しかし最近はゲットもできるようになったので

そういう遊び場を知ってみるのも良いかと思い

誘いにのって旅行に行く決断をしました。

 

結果からいいますと

やはり日本人女性のレベルは高く

まったくと言っていいほど興奮しませんでした。

 

ナンパがイチバンという考えが

強固になるだけだなという予想は

間違ってはいませんでした。

 

<1日目ストリート>


いつもの遠征先のナンパ師の方から

お誘いがあり、

既セクとのアポ後に合流しました。


コンビで1声かけ、ソロで3声かけくらいです。


ソロ女性からエルゲできましたが

強引でしたので良くなかったかなと・・

粘る練習になっただけでした。

 

強気でいられたこと、

余裕が感じられた(半年前と比べて、相方談)こと、


が良かった点です。

 

<2日目ストリート>


旅行先のホテルは設備が常に整っていなく、

帰国してから泊まった安物のホテルでも

十分整っていたのでぐっすり眠れました。

 

これが逆に?寝たりない状況になり、

眠すぎてあまり声かけを行うことができず

ベンチで仮眠をとってばかりとなってしまいました。

 

しかしアポ前に

慣らしておかなければと思い、歩きだす。

 

2声かけ目でウザイと言われたので

巻き返してやろうとさらに言葉を

浴びせようとした瞬間、

警察官が目に飛び込んでくる。


これはイカン・・退却です。

 

<2日目アポ>


ギラつける個室へ誘導ができ、

第2関門の照明もクリア。


ニヤつく。これはイケる。

 

エルゲしてから2週間近く

毎日ラインしていた女性・・

落とせないわけがない。

 

と思ったのですが、トークしていくと

トークが前に進んでいないことに気づく。


そこで流れを思い出し、

攻めのトークとギラつきを行っていくも

途中で「いや、いいです」グダが発生。


外へ出てからホテルへ行くのは

早すぎると判断し、食事を挟む。


店の外へ出て手つなぎチェックを行うと

OKだったのでホテルへ歩いて行く。

 

しかしここで、ホテルへ行くことを

匂わせる良いトークができず、

ホテル前でも「いや、いいです」

グダが発生して入れず。


その後は駅まで送ってあげる。

これで終わったか、と思っていたが

まだ連絡は来る。

 

どうだい、ホテルに誘われて

うれしかっただろう。


まっ、今度会うことがあれば

必ずしとめるという気迫で臨みます。

 

都会に来ているわけですので

あくまでもストリートで新規を追い求め、

即狙いでいきます。

 

<向上点>


・ギラつきは点ではなく線である。

 途切れないように。


・口説く方向性、シチュエーション毎の

 トークの流れを復習する。

 忘れていては話にならない。


・間で食事を挟んでしまったこと。

 

<良かった点>


・積極的に攻めたこと。

 

今回は期間があいたときに

頭の中が空白になることがありましたので

やはり期間を詰めて活動しなければと

感じました。

 

いろんな物事に惑わされないように

自分を強くもって活動していきます。