読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

動揺


いつもの地元での活動場所で

たまたま用事があったので

ついでに声かけを行ってきました。

 

残すほどの活動ではありませんが、

ナンパやアポなどの活動を行ったときは

必ず書き残すと決めていますので

書くことにしました。

 

<結果>


1時間の活動、1声かけ。

0即、0連れ出し、0エルゲ、3地蔵。

 

中途半端ですね。

 

 

<1地蔵目>


用事のあるお店が閉まるのが早い。

なので急いでお店まで向かっていました。


すると9時の方向にて

女性がクルマから降りたのを感じました。

 

見てみますと・・普段なかなか

見つからないような女性。

 

遠目で見ているからキレイに見えたのか・・

それはわからないが、

用事のほうを優先してしまい、声かけを行わず。

 

これは地蔵だ。

 

2分くらいあれば

エルゲをすることは十分に可能なのに

そこまで超良いというわけではなかった、などと

自分に言い聞かせて声かけを行わなかった。

 

気合いを入れていないときに

意外と良い女性がいたりするものです。


(発見時)

女性  私


(数秒後)


  私

女性→→→→(道路を横断)

 

という、追いかけていきづらい

動きをされたこともあったが、

いくら不自然でも声をかけてみなければ

どういう反応が来るかわからないので

逃がさないようにしたいですね。

 

<1声かけ目>


ベンチに座っている女性がいたので

いつも通り待ち合わせを装って

女性の隣に座り、声かけ。

 

しかしガンシカ。

 

もしくはイヤホンをしていたので

声が聞こえていなかったのだろうか。

 

粘るほどの女性ではなかったので

席を立って次を探しに行きました。

 


<2地蔵目>


お店の前で、

メニューを見ている女性を発見。

 

ほう・・・

 

と思って近づいて声をかけようとした2秒前、

前から自転車でこちらに向かってきていた

JC2人組が私の1m手前で止まる。

 

これではもろに見られてしまうと思い、

声をかけることができなかった。


以前から知り合いであるかのごとく

声をかければ何も問題ないのに、

動揺していて声かけができなかったのです。

 

ちょうどこの直前に、

普段は見かけないのに同じ会社の人間を

2人も見かけたので自分自身警戒心が

高まっていて豪快にいくことができませんでした。

 

<3地蔵目>


お店から出てくるときを狙って

女性に声をかけてやろうと待機していたところ

2人組で女性が出てきました。

 

しかもすぐに高速バス乗り場へ移動される。

 

やっぱりこの街の女性にしては

かなり洗練された格好をしていると思いました。

 

ですが地元の女性でなければ意味ないかと

思ってしまい、声かけを行わず。

 

これも地蔵である。

 

地蔵は厳しくカウントしていきます。

 


地元では女性が少ないので

一発必中の声かけをできなければ、

遊ぶことはできないからです。

地蔵なんかしていては話にならない。

だから厳しくカウントします。

 


<向上点>


心が乱れていました。暑さで

不快感を感じながら歩いていたこともあり

「もういっか」

と思いやすくなったことがイケていない。

 

<良かった点>


用事があるときでも

ナンパすることを想定して

戦闘服で自宅を出たこと。

 

ただ、ガンシカされただけの活動で

街を出たのはやっぱり気分が悪いので

また日を改めてガンガン声かけを行っていきます。