読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

声かけ数を多くしよう

ストリート

 

都会に遠征に行ってきました。

ゲットの感触を忘れてはいけないと思い

できる限り出撃を。

 

<結果>


夕方前から約4時間程度の活動、10声かけ。

0即、0連れ出し、3エルゲ。


ん?これは声かけ数が少ない。

そう。活動の前半はアポだったのです。

 

<アポ結果>


ゲットです。つまり準即。

ナンパからのゲットは通算6ゲット目です。

 

ギラつける個室からのホテルでした。

またホテルを使ってしまった。

というのも、〇〇グダが出たからです。

 

ギラつける個室でキスまで進んだ後、

〇〇グダを潰すのが困難に思えたので

ホテルに移動しようと決めたのです。

 

ところがホテル前で〇〇グダによる

綱引きが発生。「やらないよ、」と。

 

ここはゲットできれば確実に食いつきが

上がっていることが予想できるので

多少強引になってもゲットすることを

念頭に置き、綱引きに勝ち、中へ。

 

いや、綱引き発生している時点でダメなのですが。


綱引きって何?と思われた方は、

新しい女性と出会ったらその日じゅうに

ホテルに連れて行って、ホテルの中に

女性を連れて入ろうとしてみてください。

 

で、ギラつきを進めて女性も観念し

挿し込んでゲットとなりました。

 

その後はメシへ。予想通りここから

急激に食いつきがあがり、

かなりベタベタしてくれました。

 

<1エルゲ目>


で、その後は若干ボーッとしながらカフェへ。

先ほどの女性と濃いめの味のメシを食べたので

口直しです。

 

ボーッとはしていても、女性は見逃さない。

さっそくソロ女性の隣に座る。

 

そしてまたコーヒーを飲み、

ひと呼吸、ふた呼吸と、呼吸をしながら

ケイタイをいじる。フリをする。

 

で、女性がケーキを食べ終わったので

声かけを行う。

 

トークを進めるも、これからバイトに屈し、

エルゲしてこちらから立ち去りました。

 

<2エルゲ目>


別の女性に、バイト直前に

声かけてエルゲです。普通の流れでした。


相手のファッションなどから、

ひとつ盛り上げられるトークを入れる

べきだったかなと思います。


単なるエルゲでも

オンリーワンにして楽しませて

あげたかったです。

 

<3エルゲ目>


これも普通のエルゲでした。

歩いている女性に声かけてからの。


そこまで良い女性というわけではないですが、

現住所が私と同じ地元の女性だったので、

かわいがってあげようと思います。

 

<向上点>


・ゲット後に声かけの勢いがなくなったこと。

⇒地元に女性が少ないから声かけの遠征に来ているわけなのに、

 時間を無駄に使ってしまったことになる。

 

・ホテルを使ってしまったこと。

⇒まあ今回のグダを強行突破すると店側に
 
 迷惑がかかるので仕方なかったかもと思います。

 

・単なるエルゲでも手を抜いてしまったこと

⇒楽しませる意識が欠如していた。

 オンリーワンの声かけを目指す。

 

<良かった点>


・綱引きを制してゲットを最優先とすることのみに

 意識を終始向けていたこと。

 

・ゲット直後は男側の魅力がアップしていると聞いたので、

 その感覚や雰囲気とは、どういう感覚なのかを

 考えながら歩いたこと。

⇒この雰囲気を常に身にまとう必要がある。

 

<どうでもいい女は、どうでもいい>


前回の別の都市の遠征帰りに

エルゲした女性の話ですが


「正直どこの誰ともわからん男と

 時間を共にしようとは思わない」

 

と言われました。しかし本日の女性は、

その女性と比較してレベルがかなり高いのに

やたら食いついてくれて気分が良かったです。

 

良い女は性格も良い、っていうのが

少しわかった気がします。


男を磨かないといけない理由をまたひとつ、

体感することができました。


今日声かけできなかった分は、

またどこかで埋め合わせします。