一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

詰めの甘い活動

都会に遠征に行ってきました。


<結果>


10時間程度の活動、35-40声かけ。

1即2連れ出し2エルゲ。

ナンパでの通算ゲットは5ゲット目です。


全体的に反応が悪かったので

満足していられません。



<1声かけ目>


活動場所上陸寸前に、

バス車内から超ホットパンツ?の女性を確認。

バスを降りたら早足で探しに行き、

声かけを行う。



だが、、日本語が伝わらない。

英語版のトークも準備しておけば良かった。



人がたくさんいたので立ち止めトークが

かなり他の方の通行の邪魔となってしまい、

自分で勝手に恥ずかしさを感じて

切ってしまいました。



もしセリフを準備していたら、、と思っても、

これが結末となったわけです。



外国人対策もある程度しておこうと思います。

少しもったいなかったですね。



<1連れ出し目>


フラフラと歩いていた女性に声かけ。

なぜか反応が良さそう。



来るのが早すぎて用事ができなかった

というところに声かけしたのです。



女性が完全に立ち止まって、

時間が来ても少しのトークに付き合って

くれたので連れ出しと判定します。

判定甘いかもしれませんが、、。



普段シカトしてきそうな顔しているのに

すごく笑ってくれ、こちらから切ろうとしたら

逆ライン打診ありました。



感激でした。これぞ

ナンパ師らしいエルゲですね。



<アポ>


実は本日は、久しぶりのアポもありました。


よくこの活動エリアには来ますが、

ラインするのが面倒で最近なかなかアポを

組んでいなかったのです。



で、その結果は。



ギラつける個室でグダが出ました。

ゲットならずです。肩抱き寄せまで。



「まだ早い、怒るよ」グダでした。

ですが最後まで諦めずホテルまで行きましたが

この食いつきでは当然のホテル前での綱引きが発生。



トークがまったくなっていない証拠ですね。

録音していても反省がほとんどできていないので、

結局は結果にムラが出る。



きつい目に自分に言い聞かせて修正していきます。




<2エルゲ目>


声かけを行うも、低反応でシカト気味。


ただ、よく見ると

口元が緩み気味なので腕を引っ張ってみたところ、

女性が笑顔になりました。



でももう時間がないということで、

エルゲして解散となりました。



シカト崩すことができると楽しいです。

ただ、シカトされてイライラしないように

気をつけていきます。



<2連れ出し目>


即につながる連れ出しです。

ギラつける個室で簡単にギラつきを受け入れてくれ、

タイムアップでそこから出て

ホテルに行ってゲットとなりました。



ただ、詰めが甘かった点があります。

ホテルを使ってしまったことと、

あとひとつ、、、。

十分に気をつけて活動していきます。



<向上点>


・自分のトークの見直しがほとんどできていない。

 減点のないトークに修正していく。


・歩数が増えてくると疲れて

 声かけのテンションが下がり

 トーンが低くなっている。


・ホテルを使わないようにしてコストを抑える。



<良かった点>


女性のほうからラインを聞いてくれたこと。



<感情の高まりに注意>


感情が高まると注意が反れ気味に

なりそうな気がします。

常に冷静でいることが重要だと痛感しました。



<自宅に帰るまで気を抜かない>


帰りのバスの中。

都会からの帰県は、この時間はみんな

疲れていて寝ている人が多い。



つまり口を開いてはいけない雰囲気です。



だが今回はめずらしく、

隣に声をかけても良い女性が座っている。



男は害虫扱いなのか

車両前部に配席されてしまうので

これは最後に私に降ってきた幸運と捉える。



さあどうするか。



前回みたいにトイレ休憩で

女性が降りたところを狙って声をかけるか。



だが、、途中のトイレ休憩でも女性は降りない。笑



こうなったらメッセージだ。




ケイタイのメモにメッセージを打ち込み、

女性がふと顔を上げた瞬間にそれを見せ、ラインを打診。



すると、女性はクスッと笑ってはくれたものの、

笑顔で首を横に振る。

まぁ、、、笑ってくれたから合格です。



目の前にお気に入りの女性がいるのに、

何らかの接点を取ろうとせずに終わるなんて

ナンパ師にとっては許されないことだ。



なので、最後は良くできたと

自分を褒めようと思います。