一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

地蔵が目立ちますね

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

先週末は良い時間に別の予定が入ってしまい、

ストリートに行けていなかったので

なんだか気持ち悪くなり、

本日ようやく出撃できました。

 

<結果>


1時間半の活動、2声かけ。

0即、1連れ出し、1エルゲ、3地蔵。


まあまあですが、地蔵しているようではダメですね。

 


<1声かけ目>


さあ活動エリアに着いたのは良いものの、

大したのはいなさそうだな・・なんて思っていると

すごく清楚そうな女性が正面から歩いてくる。


で、じっくり顔を確認してすれ違い、

やっぱり声かけておくかと思い引き返して声かけ。

 

しかし反応があまり良くない・・というよりは

声かけられたショックでうまく喋れていないのかな、

という感じでした。

 

で、ここでいけなかったことは、

私がその女性のショック症状?につられて

自分も言葉がたどたどしくなるといいますか、

焦り気味のトークになってしまい。

 

自分で勝手に気まずいと認識してしまって

女性を「ありがとうね」と切ってしまったことです。

 

女性の感情を上げていかないといけないのに

自分から落ちていって

情けない声かけとなってしまいました。

 


<2声かけ目>


夜のウオーキングは気持ちいいですね。

繁華街への通りを歩いているものの、

周囲は私ひとり・・

 

とそこへ、正面から女性が歩いてくる。

まあ悪くはない女性だったので

すれ違い後、引き返して声かけ。

 

ああ・・最近正面からの声かけができていないな。

もっと積極的にやっていかなければ。

 

女性はこれから待ち合わせとのことで、

10分くらい時間があるので

自販機を打診したところ、OKでました。

 

で、トークを進めていたところ。

女性の予定の時間より15分くらいオーバー

したところで、「連絡来たから」と

解散することに。

 

ピークエンド切りをしなければいけないですが

「彼氏ありの女性を、待ち合わせを遅らせて、

 自分に付き合わせて、即」

 

という芸当をやってみたくて仕方がなかったので

最後の最後までがんばりましたが、

行ってしまわれました。

 

しかしとりあえず、エルゲはできました。

 


<1地蔵目>

 


まあ悪くない女性を発見。

 

女性の動きから判断すると

迎えの車待ちのようだ・・などと思っていたら

すぐにケイタイを取り出して電話をし始める。

 

追いかけても良かったのですが、

すぐそこに迎えが来ていたらチャンスないな、

などと勝手にマイナスの方向に考えてしまい、

追うのが面倒になって声をかけに行かず。

 

これは地蔵だ。

 

一瞬の隙を突く気迫はどこに行った?

ストリートに長期間出ていなくて

心がなまけてしまっている。

 

こういうのはなくしていきたい。

諦めないからこそ

掴めるものがあるのだと思います。

 


<2地蔵目>


ここでさらに地蔵。

地蔵は厳しくカウントしていきます。


相手は待ち合わせ中の2人組の女性。

逆3待ち合わせだ・・

 

これは今までほぼ経験がなく、

しかも地元なので目立ってしまうかと思い

声かけできず・・

 

声かけできずといいますか、

またクールぶって女性の前を1.5往復くらい

してしまいました。

 

2人とも本日の一番良い女性でしたので

次からは逆3も再び声かけできるように

していきたいです。

 

<3地蔵目>


これも電話中の女性です。

もう視界に入ったときから電話していました。

 

電話終わるのを待つのが面倒だなと思い、

追いかけず・・。

 


<向上点>


・相手の感情につられないようにする。


・逆3にも積極的に声をかけに行くようにする。


・連れ出し中にしたトークにおいて、自分が話した

 エピソードトークで人間性がうまく伝わるような

 トーク内容に修正していきたい。

 

<良かった点>


・明るいトーンで声かけできたこと。


・連れ出し中に女性を何度か笑わせることが

 できたこと。

 

 
<自分を褒めるようにしよう>


うまくいったら、運が良かったから。

うまくいかなかったら、実力がなかったから。

 

この、うまくいった場合の考え方としては

例え予定がない女性でも、ダメなときは

話すら聞いてくれないということを考えると、

 

うまくトークできたのは自分の実力だと

考えるようにしたいところです。

 

良い点にあまり目を向けられていないので

自分の良いところに自信を持って

声かけをしていきたいと思います。