一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

弱気とためらい

 

ストリートに行ってきました。

お隣の県です。


連休は普段できていなかった勉強などを中心に

過ごそうと思っていましたが


ストリートに出る日が少なくなると

声掛けを忘れてしまいますし


声掛けをやりにくい場面での声掛けに

ためらうようになってしまいますので

行くことにしました。

 

<結果>


2時間の活動、3声掛け。

0即、0連れ出し、1エルゲ。

 

確率から言えば悪くはないのですが・・。

 


<1声掛け目>


うーん・・・適齢期の女性がいない。笑

いるにはいるが・・

そんなにかわいくない二人組がちらほら

いるくらいでしょうか。

 

歩いているとソロ女性を発見。

 

トロトロと歩いているので

ウオーミングアップにちょうどいいかと思い

距離を詰めていく。

 

あと1メートルというとき

女性が店に入っていきました。

 

しかし周りには誰もいないので

逃がしたらまた次を探すのに時間がかかりますので

店の外から少し離れたところで待つ。

 

出てきた。

 

よく見ると微妙・・う~ん・・。

でも正面から声掛け。

 

「予定までまだ時間がある」

とのこと。早速連れ出しを打診すると

 

「私ひとりが好きなんで。」

 


「なにい?」と私は思いました。

これは言われたことがナイ。

 


「そんなこと言っていたら

 一生独身になりそうですよ」


と喉まで出かかったのですが

別の言葉でトークを進める。

 

しかし頭が固そうで

粘る気も失せてきたので

放流することにしました。

 


<2声掛け目>


歩いているとはるか前方に

適齢期と思しきソロ女性を発見。

 

距離を詰めていきます。

 

暑い・・。

とてもいいお天気で夏が来たよう。


で、

やっとのことで追いついて

女性の前に出る。

 

あっ・・

 


なんでもないこと、

全然かわいくなかっただけでした。

 

なんか


ポーカーとか神経衰弱とかをしていて

勝負どころで かなりしょうもないカードを

引いてしまったような感覚でしょうか。

(女性には失礼ですが・・)

 

あ、えっと・・と道聞きに切り替える。

 


※この「あ、えっと・・」というのは

 自分の心の中の声ですが、

 このように言葉に詰まることが多いので

 ここは改善していかなければいけない点です。

 


道を聞いて、追うのをやめました。

 

 

<3声掛け目>


2声掛け目が終わってふと周りを見渡すと

行列ができている。


その先は、連れ出しに使う予定のお店。

なぜ。ラーメン屋さんとか

有名なお菓子やさんにできる行列のごとく

人が並んでいる。

 

これは使えない。

 

少しこの付近から離れることにして

別のエリアへ移動。

カフェしかないが、この活動地域では

良い女性が集まりやすいエリア。

 


で、ソロ女性を見つけたので声掛け。

 

連れ出しを打診するも

予定まで時間がないとのこと。

 

2点目の反省点になりますが

この女性はすでに少し前に捕捉していました。

 

一度目に補足したときに

追い抜き声掛けを行う寸前までいきましたが

 

なぜか声掛ける瞬間に

大したことがなさそうな気がして

声をかけるのをやめてしまったのです。

 

しかしその後歩いていても

適齢期の女性があまり見つからず

声掛けておけばよかったと思っていたので

 

2度目に見かけたときにためらいなく行きました。

 

時間がないそうですので

ラインを打診するも、多少のグダが出たのですが

崩してエルゲとなりました。

 

・一度目に見かけたときに声掛けると

 連れ出しができていたかもしれない


・予定があるというのはウソで

 もっと楽しませると連れ出せていたかもしれない

 

いろいろ考えながらこの街を出ました。

 

もし自分が、自分の好きな女性芸能人から

逆に声をかけられたとしますと

予定をキャンセルしてでも「行こうか」と

なると思います。

 

そういう魅力を与えられるような男に

なっていきたいと思います。

 


<向上点>


この期に及んで声掛けをためらうなど情けない。

 

さらにもうひとつ情けない感情として

活動中に


「自分よりファッションのイケてそうな

 男性と話をしていた女性」


に対して、


「あ、これは無理そうだな」

 

ということを思ってしまいました。

 


これはやる前から諦めていますし

自分がこの街で一番イケている男

だという気持ちが欠けている。

 

私は髪があまりないので

ファッションが良くて髪型も良い

リア充オーラの出ている男性に対して

無意識に「勝てない」と

思い込んでいるところがあると思います。

 

そんなもの、

人によって好みは違うのだから

実際に声をかけてみなければわからない。

 

し、その男と勝負するわけでもないですし

誰にでもコンプレックスはある。

 


強気と弱気。

 

弱気が出ているのはどんな時か、

にも注目して活動していこうと思います。

 


<良かった点>


グダが出てもとりあえずエルゲできたこと。

 


<一年前、この街で>


ほぼ一年前、この街で声かけた女性と

アポしたときに、これでもかというほど

けなされました。

 

褒めてくれた箇所がひとつありましたが

男としての魅力ほぼなし、みたいな感じです。

 

同じ女性が再び私の前に現れたとしても

まだゲットできる気がしない・・


男と2人で話していても

会話に困ってしまうことがよくある。

 

弱点であるトークから目を反らさずに

しっかり見つめて修正し

自信をつけていこうと思います。

 

今からでも遅くはないけれども、

焦りを良い具合に感じながら

日々過ごしていきます。