読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

成長していると思い込もう

都会に遠征に行ってきました。
前回あまり声かけできていなかったので
可能な限りがんばりました。


<結果>


昼前から開始、10時間の活動、約25声かけ。
0即、2連れ出し、2エルゲ。


まあ、上出来です。


<1エルゲ目>


かなり声をかけにくい場所で、
待ち合わせしている女性を発見。しかも
シカトしてきそうなルックス。

人の往来が激しくて、
こちらも待ち合わせをするフリが
不自然になってしまう可能性があったため、
もう直球でそのまま突っ込んでいって声かけ。

なんと反応がわりと良く、
連れの女性が来てもお構いなしに
ラインを教えてくれました。

自分の中で
補整が入っている可能性が高いですが、
この女性が声かけた中で
イチバン好みのルックスでした。笑


ただしまだ返信来ず。笑


<1連れ出し目>
 

普通に歩いている女性に追い抜き声かけ。
イージーに連れ出せそうな雰囲気だったので、
そのままギラつける個室の方向へ連れていく。

しかしそう簡単にはうまく行かない。


途中でこれからの待ち合わせ相手が
彼氏であることが発覚。

一瞬の思考停止。どうしよう。


これが後の判断を狂わせることになって、
ギラつける個室から
カフェへと流れてしまいました。


ラクな方向へ流れていく。これは情けない。


今はまだ、
いま一瞬の勇気を随所で振りしぼって、
女性に対応していかなければいけない。


で、カフェへと入店。


トークとトークの間があいてしまうのが、
まだやっぱり怖い。


なんとかカフェを出て
ホテルを打診しようとしたのですが、
逃げ道を与えてあげたときに、
逃げられてしまいました。


時間が来ても
時計を見る素振りなどなかったですし、
彼氏が来るから、とグダも出なかった。


だから大丈夫なのかも?
と思って逃げ道を与え、私自身の
食いつき判定基準が緩いか厳しいかを
判断することにしたのですが、
見事に逃げられてしまったわけです。


食いつき判定が
ちょっと甘かったということですね。
トークの節々にも甘さがあったと思います。


<2エルゲ目>


普通に歩いていた女性に追い抜き声かけ。
友達と予定があるからと、連れ出しを拒否。

で、ラインを打診すると、
もうついて来ないなら教えてあげると。


ひどい。笑

こんなエルゲ、うれしくも何ともない、、


でもまあ、そう言わずに最大限
いろいろやってみます。笑

 
<2連れ出し目>


ごはん屋さんの前でメニューを見ては
次のごはん屋さんへ移動を繰り返す女性。

これは声をかけてくれ、
と言っているようにしか見えない。

ということで声かけ。あっさり連れ出し。



ところが。



これもそううまくはいかないものだ。



ギラつける個室を打診すると
「いや。そこは、○○○○をするところだし」

とグダが出る。
これは、声かけの初期に学ぶ内容だ、、


この女性は、、
こちらの思考を見抜く超能力者だ。笑


ま、ただ単に昔の彼氏とそういうこと
してただけだと言っていただけです。

 
で、もうめんどくさくなって、
「なんだ、話が早い」とノリよりにしていくと
今度は「付き合うまでしない」グダ。


きぃーーーーっ、


もういい、めんどくさい。


もう帰りのバスまで
時間があまりないというのに。


さっさと解散するべきでしたが、
連れ出せたうれしさに負けて
ズルズルとカフェへ。



弱さ、ここに露呈。


常に強くあれ。



<向上点>


ギラつける個室に
絶対に連れ出すという強いマインドが必要。
そしてそこ以外の連れ出しは不要だ。


<良かった点>


連れ出しで、女性のほうから
解散を切り出されなかったこと。


途中で何度か
姿勢を正すことに意識を向けられたこと。


限界プラス1の行動を意識したこと。


<プラス思考>


最近彼氏持ちの女性を
ちょくちょく連れ出しできているように感じます。


また、とある女性と雑談していたときに、
彼氏じゃない男友達と待ち合わせだと
女性が言ってたのにも関わらず、

私と解散した後でその女性は思いきり
男と腕組んで歩いているのを見かけました。


彼氏グダが少なくなってきているのかも、、
いやいや、気は抜けない。ストリートでは
気を抜いて良い時など、一瞬たりともない。


トークで振るべき話題を
女性に投げかけることが少しできたりと、
少し進歩できたようだと感じられる遠征
だったかなと思います。


最後の女性に言われました。


「都会に生まれてたほうが良かったんじゃない?」



「やかましいわ!馬鹿にするな!笑」

田舎でもモテる男はモテますし、
モテるようになるために
これからも精進していくつもりです!