読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

地元での花見会場が賑やかだった

ストリート


ストリートに行ってきました。

個人的にのんびり花見したくなったのと

花の見ごろも今日明日までだろうということで。

 

<結果>


2時間の活動、1声かけ。

0即、0連れ出し、0エルゲ。

 

どうした?

まだ地元での活動に抵抗があるのか?

 


<声かけの内容>


逆3で声かけ。この声かけを行うまでに

1時間ほど歩いていました。

 

花を見たかったというのもありますが

声をかけることができなかったのも事実。

 

二人組の女性は3,4組見かけましたが

声をかけるほどの女性ではない。

 

ルーシートに座っている女性5人組に

声をかけに行くのも、ちと厳しい。

 

ソロ女性も活動場所で3,4人見かけましたが

なんとなく声をかける気が起こらず。

「ん?・・・あああ・・・おしいっ!」

と、選り好みしてしまっている。

 

そこで時間がかなり経過していることに気づき、

このままではいけないと気分を改めたところに

2人組の女性が現れたわけです。

 

片方の女性は、まあ良い。

もう片方は、まず声をかけないかなといった感じ。

 

後者の女性の反応が悪い。

すごい勢いで反応が悪くなっていく、笑

 

で、その女性につられてもう片方の女性も

私をあしらわなきゃいけないかなといった対応となり

エルゲすらできず。

 

もう少し反応の悪いほうの女性の

食いつきを上げていくトークが必要かなと感じました。

生理的に嫌っているような感じですね。

 


<向上点>


地元では選り好みをしないようにする。

ただでさえ女性との接触頻度が少ないのに

ここで経験値を増やさなければ

成長していかない気がするのです。


それが怖い。


女性と接する時間をたくさん取るようにしよう。

 


<良かった点>


地元ではめったに行わない逆3声かけを行ったこと。

 

逆3声かけはまだほとんど行ったことがないため、

わりと緊張します。声かけ中は、

新鮮な血が体じゅうを巡る感覚がありました、笑

 


<ものたりない>


たった1声かけでは全然足りない!


見たいと思っていた花見スポットを

1か所、行き損ねたので

 

服を変えて気分を変えて、

花が散る前にもう一度

ストリートに出たいと思います。

 

<勝ち癖もつけるように>


最近はどうも負け続きの流れのような気がする。


うまく説明できないが

自分の精神が、勝つことを忘れていたと思う。

 

家を出るときは「即ってやろう」


活動場所に着いたら「声かけても良い女性がいればいいかな」


帰るときは「逆3声かけできたしまあいいか」

 

だんだん気持ちが変わってきている。

なんという逃げ腰!

 

圧倒的に強い気持ちに持っていくようなスイッチを

なにか見つけなければいけないと思います。


・落とせなかった女性

・音楽

・心構え

 

いろいろ見直すことができるように

メモ書きして持ち歩いていても

現場では見返すことすら忘れているときがある。

 


・落とせなかった女性

→これが個人的には最大のエネルギーになるはずだと

 思っています。忘れていた過去へさかのぼって

 心に火を取り戻します。

 

・音楽

→自分が全宇宙の支配者になったような曲を聴く。

 もしくは落ちぶれていたところから

 駆け上がっていくような曲。

 この両方があるのは昔流行ったスパ○ボ。

 使われているBGMは私が死ぬまで友となりそうです。笑

 

・心構え

→そしてエネルギーを充填した後で

 ナンパ師として必要な心構えを見直し、

方向性を常に再確認する。


 
うん。これなら次回もまた

良い気分でストリートに出られそうです!