一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

連続遠征記録が途絶えた

 

都会に遠征に行ってきました。

 

残念ながら先週は風邪のため断念。

風邪の原因がわからず、

悔しい日々を過ごしていました。


なので2週間ぶりのストリートとなります。

 

<結果>

 

昼前からの活動。約30声かけ。

0即、2連れ出し、1エルゲ。


久しぶりにしては、

よくできたほうかなと思っています。


それでは記憶に残ったところを。

 

<1連れ出し目>


繁華街を歩いていた女性に声かけ。


顔は大したことないが、

多少露出が多かったので声をかけることに。

そしてギラつける個室へ誘導。


即狙いであれば

ここへ誘導するべきなので

カフェを避けました。

 

時間を1時間に設定。

 

で、トークをある程度して

ギラつきの初期段階を試すと

抵抗なかったので、

そこからガンガンギラつく。

 

トークもギラつきも

どちらもまだまだなのですが、

ギラつきは個人的には大好きです、笑

 

前から抱き寄せまでできたところで

タイムアップ。


延長すると、

もう少し踏み込めたかも

しれなかったですが、

 

だらだら延長するのもイヤなので

段階飛ばしてみたくなり

ここを出ることにした。

 

で、店から出て食いつきチェック。

いけそう。


ホテルまで手を引いていく。

すると、、

出ました!!

 

 

「行かんよ。」

 

 


ク○トロ大尉かっ、おまえは!笑

 

とは切り返しませんでしたが、

そうでしたか、、と受け入れて

ここはエルゲに切り換える。

 

食いつきはまだ良さそう。


この女性、

化粧をしていなかったようで

化粧をしたときの画像を見せて頂くと

まあまあ、、というより

少し近寄り難い雰囲気でした。

声かけを若干ためらってしまうような感じです。

 

段階を飛ばすのはいけなかったと思いますが、

真っ昼間から誘導がうまくできて

個人的には上出来だったかなと思っています。

 


<2連れ出し目>


駅のほうへ帰る女性に声かけ。


仕事しなきゃいけないから、、

と、ウダウダ言っていたのですが、

私の出身県を伝えると一変!

 

なんとその女性も同じ出身でした。

で、この街のとなり街に住んでいる、と。


で、さらに話していくと

実家のほぼとなり街にこの女性の実家の街があり、

年齢はなんと同い年。


どさくさに紛れて連れ出しを行い、

話していくと、共通の知り合いとかがいて、

なんと同じ高校の同級生であることがわかりました。

 

相手は私のことを知らなく、

私も女性のことを知りませんでした。


当時からだいたいコマシなコは

チェックは入れていたのです(悪癖)が、

ノーマークでした。


まぁ、可かな、というレベルです。

女性は私の素性を知ろうとしてきましたが、

同級生に私が声かけたことを知られるのも

何となく気分が悪いので、明かさず。

 

まぁ、私の鋭い目つきを覚えていれば

アルバム見るとすぐ思い出せるでしょう。笑

 

エルゲしておいても良かったかもしれませんが、

この街に来てわざわざこの女性と遊ぶのはもったいない。


より若くて、よりかわいい女性を

手に入れにいこう。

 


<暴言、、ではないけれども>


ガンシカを崩そうとしたときに、

イヤホンを取る仕草を見せたかと思いきや

しっかりイヤホンをつけ直しただけ。


負けじとさらに崩しにかかると、


「は?」


としかめっつらで女性が言ってくる。

このセリフをこのように言われますと、

ガッカリします。

もっと上品にいられないんですかね。
 

ということで、もういいか、と思って放置。

 

 

<最後の最後に夢>


帰りの時刻まであと30分。

バス乗り場の近くでストリートでは

ほぼ見かけないような

かなり良い清楚な女性を発見。

 

 

タイミングがどうだとか言っていられず、

たまらずに声をかけにいく。

 

で、ラインを打診したところで、

女性の友人登場。行ってしまわれる。


声かけて一片の悔いなし。

もう少し上手にできると良かったですが、笑


これは、まだまだ腕を上げていけ、

ラクには手に入れさせん!という

メッセージですね。笑


もちろんそのつもりで、

また座学に実践に繰り出します。

 

 

<向上点>


・ギラつきは少しずつ進めていく


・声かけの言葉に詰まらないように

 日々人と話をするクセをつける


・先週風邪をひいたこと

 

ナンパをするようになってから

自分の体調に一段と気遣うようになりました。

 

ストリートに出られなくなるのが

とっってもイヤだからです。

 

が、今回は原因不明、、

恐らくどこかで冷えたのでしょう。

ホント情けない。

 

 

<良かった点>


個室への誘導、ギラつき時の誘導がよくできました。

前回よりもイライラすることが少なくなりました。

自分自身の状況説明をより良いバージョンにできました。

 

 

打診→打診→引き下がらずに打診

 


という流れから

 


打診→トークを挟んで打診

 


という流れにしなければと、

トーク中に意識することができました。

 


ギラつけると

ストリートの楽しさは倍増しますね。

平日にも地元でまたストリートに

出たくなってきました、笑

 

即まであと少しのところまで来ていると

感じることができた、良い遠征であったと思います。