読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

食いつき良好

アポ

 

アポに行ってきました。

えっと・・・アポと言いましても

 

「お見合い」

 

なのですが・・・;別に女性に

困っているわけではないのに

親戚の方が勝手に話を持ってくるのです。

 


声掛けをしているとは言えないため、

お見合いの話を断るのは

おかしいということになるのです。

 

 

<結果>


2時間半くらい一緒にいました。

軽く車内で髪なでのギラつきまでです。

 


<内容>


半月ほど前に連絡先を交換していて

ラインのやりとりは

ちょくちょくしていました。

 

最初の1時間をカフェで過ごし

カフェを出て駐車場で私の車内で

1時間半ほどしゃべっていました。

 

お見合いと言いましても

互いの両親も同席して顔合わせ・・

というものではなく、

 

当事者同士で会ってきな、

といった感じなので

アポみたいなものです。

 


ルックスは・・

ギリギリ・・声をかけないかな?

たまにミスって声掛けてしまう

くらいかな?といったレベル。

 


私は帰りたかったのですが、

女性が帰ろうとしなくて

かなり疲れて

 

車内ではシート倒して半ば眠りながら

トークしていました。

ときどきギラつき。

 

男性経験がほぼゼロのようで

食いつきサインを

終始かなり確認できました。

 


お見合いというのはおそらく

カフェで気に入らない場合は

すぐに退席すると思いますが、

 


それでは相手に失礼なので

とりあえずカラダを頂いてから

退席しようかな?などと考えていました。

 


これぞ次世代のお見合い^^

カラダの相性も確認していないのに

「合わない」と切るのは早計です^^ 

 


しかし親戚じゅうにそのようなことが

知れ渡るといけませんので

※恋愛に対して超頭がカタイ

 

カフェ ⇒ ホテル

 

は狙いませんでした。

こんなに食いつきいい女性は

過去にいなかったので

少し気分が良かったといえば

良かったです。

 

これがお見合いではなければ

即頂くのに・・残念です。

 

しかし見知らぬ女性と

話することはとても楽しいですね!

 


そして

女性からの食いつきを感じるときこそ

私は生きているんだと実感できます、笑

 

もっと上を目指して、男を磨いていきます!