読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

そんなことできると思っています

都会に遠征してきました。

都会に遠征する期間があいてしまうと


ガンシカ崩しなどの基本ができなくなりますので

行くことにしました。




<結果>


1日目は約20声かけに対して

0即、3連れ出し、2エルゲ。


2日目は約30声かけに対して

0即、3連れ出し、1雑談、4エルゲ。




こんなビッグチャンスの日に

即できなくて非常に悔しいです。



それでは、いつものように

記憶に残ったところを挙げていきます。





<1日目の1連れ出し目>


着いて早々に2声かけの2エルゲ。

今回は良いスタートとなりそうな予感でした。


薄着で来ていて寒さに

耐えられそうになかったため

戦闘服を購入しに行く。


買い物終了後に、エルゲした片方から

お電話を頂きました。逆アポの打診です。


真っ昼間なのに女性はすでに飲んでいて

カラオケに連れ出すも

手に触れることすら許さず。



ギラつきの勉強不足ですね。



カラオケ出てから手繋ぎ打診すると

なぜかOKでホテル方面へ

私が手をひいて行こうとした。



しかしホテル街に足を踏み入れると



「えっ?どういうこと?」

「そんなことできると思ってるの!?」

「他のコ探してください。」



当然のように手を引いて行ったのですが

綱引きに負けてしまいました。



「そんなことをしに来ましたのに」

「そんなことは当然できると思っています」




「ばいばい!」




<1日目の2連れ出し目>


これからクラブに行くという女性を連れ出し。



この女性、私の声かけを

「受け入れられる」と褒めてくれました。



オラオラで声かけてくる男には

とても気分が悪くなる、とのことです。


しかし既婚者であることが発覚したので

時間が来たら深追いはせず。





<1日目の3連れ出し目>


せっかくのいい日なのにコスプレ等した

ソロ女性は一人もおらず、

気分が落ちていきながら活動していました。




するとようやくソロ女性を発見。

こんな夜遅くまで仕事していたとのこと。




足はフラフラで限界とのことで

カフェへ連れ出し。



この女性、滑舌が相当悪いのか

なかなか聞き取れない。



私も耳は悪いと自覚していますが、

この女性の滑舌の悪さのほうが勝っている。




私もいよいよハチの子でも

食べなきゃいけないのか、むしろ

先日私を刺してきたハチを食べればよかったのか。




・・・話をそらしている場合じゃないですね、

流れは

カフェ後に手繋ぎを打診するも繋げず、

彼氏グダまで発生して解散することに。



あまり良い女性ではなかったので

自分のトークが悪いことがわかっただけでも

まあ良しとします。





<2日目の1雑談目>


私の経験上、この街でガンシカ率の高い

風貌・化粧をした女性へ声かけ。



友達が来るまでの間

コンビニで飲み物を買い、立ったまま

雑談することに。



男を気持ち良くさせることが仕事、

とのこと。これは。と思い、




想起会話を行おうとするも、下手すぎて

女性の

「おじさんをマッサージしていると

 こっちも興奮してくる」


という言葉にこちらが少し興奮してしまった。



で、話していると友達が現れたので

一応エルゲ打診を行うも、断られる。



やはり周りに誰もいない状況で打診しないと

極端に難易度が上がりますね。



サービスは魅力的そうですが、

そんなにかわいくはなかったので

まあ逃がしても良いです、笑




<2日目の1連れ出し目>


過去に連れ出した女性の中では

最高レベルに良かった女性です。



反応も悪くなく、このような女性を

連れ出せるならメリットは半端じゃないなと

感じました。



他のガンシカをカマしてくる女性が

かすんで見えます、笑



しかしカフェ後には用事に行くとのことで

エルゲして解散。連れ出せただけでも良し。




<2日目の2連れ出し目>


1連れ出し目のカフェ後に食事休憩を取り、

そのお店から出てすぐにこの女性を見つける。



で、カフェを打診。

もう、お腹がいっぱいで気持ち悪い、笑



カフェ後、

バイトまでもうすぐというので

バンゲして解散。


・・・バンゲ、笑 ラインはお嫌いだそうで、笑



彼氏はいるわ、今日から夜のお店で働くわ、

と訳のわからん女性でしたが、

楽しかったと言ってくれたので

まあ役に立てたのかなと思っています。




<2日目の3連れ出し目>


もう帰るとウルサイ女性へ連れ出しを打診。

いろいろ断られたが、連れ出し先を変えると

「5分だけいて、すぐ出るならOK」とのこと。



ところが・・



1軒目から出て

いきなり散歩したいと言い出して

一緒にこの街を散歩することに。



風邪をひいているのに夜風に当たりたい、

と訳のわかないことを言い出す。



で、2軒目のお店に入り、テイクアウト。



これも夜風に当たりながら外で食べる。

外にはすでにイルミネーションが。



楽しいクリスマスを過ごした記憶がないので

若干気分が良かったです。



しかし!




手くらいつながせろよ、笑



頑なに拒む。好きな男がいる、とか

ウソをついたりとかで、

もう私の頭は回らない。



ただでさえ頭悪いのに、

遠征の帰り間際のような、

疲れているときにウソつかれますと



どのときのコがどれだ、となり、

頭を抱え込むことになります、笑



最後は僕と一緒にいて

元気になれた、とのお言葉を頂けました。



<遠征の反省点>


・ビッグイベントの日は複数声掛けできないと

 話にもならない。

 ⇒後ろ盾がいないから、面倒と感じて

  逆3等を行わなかった。



・連れ出し打診が早すぎる

 ⇒もう少し女性に関することを指摘して

  楽しませてから打診できるようにする。



・トーク力不足とギラつき力不足

 ⇒まずは基本を頭に叩き込むところから

  やり直しです。



・声掛けた5分後に同じ女性に声掛けた。

 ⇒普通に考えると通らない道を通っていたため、

  女性が方向音痴で鉢合わせる可能性を考える。





勉強していても、それが勉強しているつもり

だったのかなと、今回の遠征で感じました。




良い女性が、地元は少ない。

まあ手に入れることができたらいいか、

そこそこの本気度の勉強で終わってしまう。






極上の女性を、たまに見かけるし

他の女性もレベルは高め

なんとしても手に入れたい、

自分の弱点をもっと必死で克服しなければ

本気度の高い勉強となりそう




となり、ナンパをしたい

(今目の前を歩いているあの女性を

 どうしても手に入れたい)という

原点の気持ちがすべてを決めるのかなと

感じた次第です。




この気持ちを起こさせるために、

やはり都会への遠征は必須になりますね!




<良かった点>


・声掛けを悪くないと言ってくれたこと

・連れ出しを楽しんでもらえたこと

・エルゲしても全部放置

 ⇒食いつきあると逆ライン来るので楽



今回も、良い遠征となりました^^