読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

平日昼の活動は久しぶり

ストリート

 

久しぶりの夜勤で

日中に時間ができたので、

ストリートへ行ってきました。

 

と言っても最近やたら眠い。

朝、帰宅後の仮眠で寝すぎてしまう。

なんとか強気で昼前に起き上がって

準備して行ってきました。

 

<結果>

1エリア目では1時間半の活動、2声掛け。

0即、0連れ出し、0番ゲ。

 

2エリア目では40分の活動、2声掛け。

0即、0連れ出し、0番ゲ。

 

心が躍るような女性はおらず、

こちらもうまく会話できませんでした。

 

<エリア1-1声掛け目>


このエリア1は、半年前によく

活動していた場所です。

 

足を踏み入れたとき、

あの頃と比べて、今はずいぶん

ウデが上がっているはずだ、

と自然と感じられてきました。

 

 

ここでは、平日真っ昼間に来ている

JDや平日休みの女性を狙いに行くのですが

2人組以上や母娘ペアがほとんど。

 

ようやくソロ女性を見つけるも

「いや、いいです」

 

が強い。グダ崩しも、そもそも

聞く耳を持っていないといった印象。

 

・疲れが見えていた?

・ファッションが甘い?

・あまり笑わせられていない?

・立ち止めしていない

 

など、いろいろな改善・・向上点が

ありますが、一番の問題は、

「対その女性ならではの、トーク」


ができていなかったと考えています。

もっと気の利いた返しをしたいですね。

 

 

<エリア1-2声掛け目>


逆3での声掛け。

普通に話を聞いてくれたところまでは

良かったのですが、


お茶行きましょ ⇒ もう帰る

じゃあ今度合コンでも ⇒ ケコンしてる

 


「気をつけて帰ってね。」

 

 

<エリア2-1声掛け目>


ここは、私が地元で最近ずっと

活動しているエリアになります。

 

いつもは日が落ちる前くらいから

1,2時間の活動をしていますが、

今日は夕方に乗り込みました。

 

で、とある店舗内。

ホントマシな女性がいなかったのですが、

買い物している女性で、少しだけ

コギレイにしている女性がいたので

声をかけることを決意。

 

自分の中では、

 

コギレイにしている

なんとなく冷たくあしらわれそう

 

という先入観があるため、ここを

崩していく必要があるので声をかけるように

心がけています。

 


で、結果は。

 

もう帰ります? ⇒ はい。

 

でエスカレータを早足で下っていかれる。

好みの女性ならここで自分もエスカレータに乗り

さらにトークを続けていくが、

 

 

そこまでする気になれなかった

(反応良いなら相手してもいいかなレベル)ので

追いかけるのをやめることに。

 

しかし、

自分で「好みではなかったから」と言い訳をしても、

なんとなく むなしい気分になってしまいます。

 

だから、何らかの結果を得ることは

とても大切ですね。

声掛ける以上は、悔いの残らないように

全力で行くべきでした。

 


<エリア2-2声掛け目>


片方がまあ悪くはない2人組に声掛け。

しかし


「(お茶や合コンを私とするという選択肢を持つことが)無いわね」

「こんなところ(地元の街)で声掛けて来るような人はいない」

 

など、冷ややかな対応。

どちらも切り返しの準備不足でした。


準備不足に加え、

自分の顔の表情はどうだっただろうか。

 


口元は笑っていても目が笑っていなかったのでは。

トークの構成がなっていないし、

言葉も思いつかない。

 

最後にたどり着く答えは、やっぱり

準備不足、ということになってしまいますね。

 

 


<移動中に>


活動場所からの帰り道、クルマの中から

学校からワイワイ楽しそうに帰る、

帰宅途中の小学生をたくさん見ました。

 

20年近く前は自分もこうだったんだ、

毎日が楽しく悩みも何もなかったのかな、

などと考えながら見ていました。

 

楽しいだけの思い出は、

特にこれといった思い出にもならないと

思いますので、

 


まだ思うように結果の出ない声掛けの活動も

後で良い思い出になるはずですから

ひとつずつできることを増やして

前に進んでいきたいと考えています。