一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

ストリートに出ないと不安になる

 

会社で健康診断がありました。

メタボ検診で腹回りの測定。

男性は85センチ以上がアウト。

 

結果は1枚着たままでちょうど85センチ;

これではダメだ。5センチくらい余裕残して

クリアできると思っていただけに、


これからのルックス維持にも気合いが入ります。

これもストリートに出る理由のひとつとなります。笑

 

しばらく引きこもって座学していましたが、

やはりストリートに出たくなって行ってきました。


<結果>

1時間の活動、4声掛け。

0即0連れ出し0バンゲ。

 

そりゃそうだ。まだ定着していないのに

ストリートに出なかった・・・あれだ。

 

・・・あれ。日本語が出てこない。

 

ストリートに出なかった代償として、

無様な負けとなってしまった(まだ若干日本語おかしい)。

と書きたかった。 

 

ブログを更新するときでさえこのザマなので

ストリートではスラスラしゃべれるように

私の場合は死ぬほどの声掛け回数が必要と自覚しています。

 


<1声掛け目>


クルマを止めて5分もしないうちに

めずらしく声掛けてもよさそうな女性を発見!


早足で距離を詰めていく。


「もう帰りですか。」

 

あっ!!

 

大してかわいくない。失敗だ。

いや、失敗ではない。今はどんな女性とでも

話をしたい。


ということで粘るも、帰る意識が強くそれを

崩せず。エルゲすらできなかった。

 


<2声掛け目>


会社帰りのOL風の女性を発見。

歩道橋の上を歩いていたので早足で私も

進路を変え歩道橋を上がっていく。

 

そして追い抜き声掛け。

 


あっ!!

 


30半ば(25と言っていたが)で天○よ○み似だ。


・・・。

 


まあよい。文句は言っておれん。

 

これから飲みに行くようであった。

粘るもエルゲすらできず。

 

<3声掛け目>


路地を曲がると女性がいたので

少し歩いて信号待ちのときに声掛け。


これが今回で一番の失敗。

最初から反応悪く、彼氏グダが出た。


そんなのは対処したつもりだったが

「途中からガンシカ」


を食らい、方向転換までされてしまった。

 

変なカオしていたが嫌いなカオではなかった。

まあイケる。

 

と、女性の好みではなくて反省点を考えると

後で音声聞いても、とても気持ち悪い。


微妙な表情されたときの切り返しが、

なっていなかった。

 

<4声掛け目>

 

「人待ちですか」


「お父さんが迎えにきます」


「パパですか!?そりゃマズいな」


「もう来ました」


「気をつけてね。」

 

2、3メートル距離をあけて

待ち合わせの女性に声をかけたのですが

すぐに行ってしまわれた。


「挨拶していきますよ」


など、もう少し気の利いた切り返しを

行うべきだったと反省。

 

こういう親絡みのパターンも

ストリートによく出ていれば遭遇するパターンで

切り返しできているはずなのに、

 

期間を置くとすぐにこの様な情けない

結果となる。

 


<反省点>


・1声掛け目の第1声目が震えていたし

 語尾まではっきり発音していない。

 

・帰る意識の強い女性に立ち止めトークすることを

 忘れていたこと。


・女性が笑う前に、先にこちらが笑ってしまった。


・微妙な表情されたときの切り返しがあまい。

 ⇒「なにこのひと?って思ったでしょ。」

  などと思っているであろうことを切り返したかったが

  「なんか警戒してそうだね」などと歯切れの悪い

  言葉しか出てこなかった。

 

・親絡みのパターンへの対処が甘かった。

 


<良かった点>


もう少し人がいてもいいのにと思うくらい

少なかったが、なんとか見つけ出して声掛けを

行ったこと。

 

 

勉強したつもりでも現場に出ると

そのほとんどがアタマから飛んでいる。


無意識で出てくるまで声に出して

口の筋肉に覚えさせなければいけないと感じました。

 

今さらですがこのような大切なことを

思い出せて今回の出撃は良かったのかなと

思っています。