一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

自分にもっと自信を

 

週末は都会へ遠征してきました。

どこ歩いても女性のいる街は

とても魅力的ですね。

 

なんせ地元ですと40~50分に

1人くらいしか、声掛けたくなるような

女性がいませんから・・。

 

まぁまぁかわいくて反応良いと、

それはうれしいですが


わりとかわいくて反応厳しい場合が多いと

良い反応のときの喜びは倍増します。


わくわくする感じですね。

 

さて、結果です。

 

 

<1日目の結果>

約25声掛け、2カフェ連れ出し。

3番ゲ、0即。

 


<2日目の結果>

約30声掛け、1連れ出し(買い物同伴)

1番ゲ、0即

 


覚えきれていないので、

記憶に残ったことを挙げて参ります。

 

<1連れ出し目>


夕方。女友達と30分後に待ち合わせ

という女性に声をかけて、カフェに連れ出し。


スカウトじゃないことがわかると

反応が少し良くなったので、


もうカフェに行くことが当たり前かのように

話し、カフェに連れて行きました。

 

このよく利用させて頂いているカフェは

雰囲気が非常に良く、食いつきが

どんどん上がっていきます。(確率は2/2)

 

ところが女性の女友達が現れると一転します。

 

いかにもモテなさそうな家畜系女子。

いや、家畜といえば失礼ですが少しぽっちゃり。

 

ぽっちゃりも、まぁイケるのですが

この女性は好みではなかったです。

 

で、この女性。

 

脱毛とかネイルの話をすごい勢いで

私が連れ出した女性と話しだして、まったく

私は内容についていけず。

 

それはまるで

 

ブルース・リーが振り回すヌンチャクを

茫然と目で追うザコキャラのように


https://youtu.be/c0nIl14TeRU?t=3m18s


私は二人の女性の会話のやりとりを

見ていました・・・。

 

女性が美に対して苦労していることを

実感でき、いい勉強になりました。

 

この女友達が来るまでは

・今度○○にクルマで連れてって

・兄弟もカッコイイん?

 

などと食いつきがあるように見えましたが

女同士で2次会に行くというので私は退散しました。

 

その後しばらくしてラインするも、

既読スルー。女友達に「あんなヤツやめとけ」

と、そそのかされたかもしれませんが、

 

そもそも食いつきを上げきれてなかったと

考えています。友人の反対を振り切ってでも

自分について来るくらいに食いつかせたいです。

 


<2連れ出し目>

 

あと40分後に新幹線の最終便で帰るという女性。

仕事は月の半分くらいが徹夜でかなり忙しいらしく


ストレスを酒で紛らわすことも

よくあるそうで、

 

翌日の仕事には翌日の始発で間に合わせるから

始発で帰ってもいい、でも私お酒強いから

これから飲みに行くなら夜通し飲みたい

 

とカフェで言っていました。

私はお酒はそこまで強くなく、一緒に飲むと

潰されてしまいそうなので、

 

カフェだけで解散というバカな選択を

取ってしまいました。

 

今思えば1軒目の後にホテルに引っ張っていけば

よかったと後悔しています。

 

ではなぜそうしなかったのか。

それは、話していると直感でなんとなく

イヤだったからです。

 

めんどくさそうと言いますか、説明しにくい。

 

女性に対してそんなこと感じるのは

あまりないのですが、今回は、なぜか。

 

だから人生初のストリート即が

遠のくのかもしれません・・。


・お酒は使いたくない

・自宅は使いたくない

・完ソロ(ひとりで完結)させたい


⇒いつでもどこでも女性を手に入れられる

 自分になりたい!


こういった

こだわりがあってチャンスを失っていた

のかもしれません。

 

何が何でもという意識を持ち、

このあたり改善していきます。
 


<3連れ出し目>


声掛けた後に1x歳であることが発覚。

30分後にバイトとのこと。

個室はダメなので雑談する方向で。

 

この女性、ルックスはこの街で

強烈な完全ガンシカをかましてくる女性に多い

化粧・ファッションでしたので、

 

厳しいなと思いながらも声掛け。

案外反応が良く、一緒に買い物に行くことに

なったというわけです。

 

もちろん買ってあげたりはしていません。

 

途中のトークで自分の名前を言うと、

かっこいい名前だね、とまさかの褒めが出て

結構心揺らされてしまいました。1x歳に。

 

名前を褒めるのは効果的と知っていながら

私は女性の名前をいつも褒めていましたが、

まさか自分が、そのパターンでやられると

思ってもいませんでしたので、やられてしまいました。

 

※1x歳ですが、ナイショで夜の仕事も

 少し前にしていたそうです。

 

・私と一緒に買い物して楽しい?

・なにか見ないの?

・どういう服が好き?

 

などと聞いてくるので食いつきは

あったのかなと思っています。

恥ずかしながら、うれしかったです、笑

 


<2日目の朝のほうの番ゲ>


これから美容院でパーマを当てるという女性。

すぐに番ゲ打診してグダ無しで教えてくれました。

 

終わったらお茶行こうね ⇒ ライン既読スルー

 


おいっ。

 

いえ、食いつき足りていなかっただけです。

美容院の場所探しとか、トークで楽しませたりとか

するべきことはあったのかもしれません。

 

<最後の声掛け>


わりと好みの女性に声掛け。

これもまたガンシカのきつそうな女性かと

思いましたが、反応は良好。

 

しかし足止めできず、ファッションビルに

入っていきました。で、ついていきながら

私が話かけていると

 

・いきなり自分のイヤホンで音楽を聞かせてきたり

 ⇒やかましい音楽を聞かせ、私を退散させようとしている

 ⇒「付き合っているみたいだな、笑」と私は返す

 

・いきなり私の腕を掴んできて(これもかなりドキッとした)

 下りエスカレータまで私を引っ張っていき

 「早く降りて^^」

 ⇒帰れということ。

 

と食いつきがあるのかないのかわからない状態。

しかし最後は上りエスカレータを猛ダッシュで

女性が上がっていき、逃げられてしまいました。

 

要は、最初の声掛けは合格だったが

トークがつまらなかって失格を食らった印象です。

最後の最後にICレコーダーの電池が切れて

録音もできておらず、残念・・・。

 

 


<気になったこと>

ナンパ師ともキャッチともとれる、

きれい目の格好したニイチャンが私のほう見るなり

「こんにちは」と挨拶してきた。

なぜ・・・。

 

<ナンパ師の足?>

この2日間の歩数を合計すると

11万歩を超えます。1日5万歩以上。


同じカロリー消費するなら

セッ○スで消費したいですね。

 

新しめの靴で靴擦れを起こしたので

ティッシュを靴下との間に詰めて活動。

 

最後のほうは人を俊敏に回避できなかったり

Uターンして追いかけていくことすら不可能でした。

 

 

 

<反省点>

・うまくいった箇所を自分で褒めるようにする。

 ⇒自分の自信がなくなってしまう。

 

・何が何でも即るという意識を持つ。

 


<良かった点>

・ガンシカ崩しで少しでも口元が緩むと、

 7~8割くらいの確率で崩せる。

 

 


最後の最後に帰るときに、やはり

良い女性をたくさん見かけました。

 

夢を与えてくれます。ここは天国です。