読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

行こうと思っていたのに


週末の地元の繁華街で

活動しようと思っていましたが


会社の人がたくさん集まる会があり、

活動拠点のすぐ近くでの開催であったため、


別の場所で活動をすることにしました。

 


<結果>

40分程度の活動。2声掛け。

0番ゲ、0連れ出し、0即。

 

 

<1声掛け目>


食品売り場でお惣菜を買っていた女性へ声掛け。

看護師のようであった。


正面以外から見たところはまあまあでしたが、

正面から見ると「う~~~ん・・・」。


連れ出し打診すると

「カレシがいるので・・・」

 

「いや、聞いてない。」

と切り返していくも、グダ崩しの

レパートリーが尽きると

 

「そっかぁー」


などと認めている自分がいる。

粘る気力が失せて放流。

 


<2声掛け目>

派手めでしたが、同じく。

※正面以外から見たところはまあまあでしたが、

 正面から見ると「う~~~ん・・・」。


「(こちらがしゃべり終わる前に)いや、いいです」

「用事があるので」

 

粘る気が失せたので放流。

 

<反省点>

・頭の中で引っかかって出てこなかったセリフあり。

 ⇒「このあと言うセリフ全部バレてる気がする^^;」


・出撃できるときは出撃する。

 ⇒ × 今夜は座学して明日週末だし出撃しよう、

   ○? 明日なにか邪魔が入るといけないから今夜出撃しよう


・「そっかぁー」に代わる言葉を発する。

 ⇒「あっ、そう」など?

 

<良かった点>


あまり慣れていない食品売り場で声掛けを

行ったこと。


-------------


気合が入っているときは、

人数が壊滅的に少ない場所には行かないほうが

良いような気がします。


※昼間はわりといるが、夕方以降から

 微妙になってくる場所でした。

 

声掛けたい!って女性がいないと、

絶望感に襲われるといいますか、

気力がなくなっていく気がしますね。

 

普通より、ちょいマシに見えると

「見つけた!逃がさん!!」


と気力は回復しますが。

 

・・・いけないですね。まだ

外的要因に心を揺さぶられている。

 


<最近工夫したこと>


・自分の使うフレーズやセット会話をワードに書き出し、

 PDF化してスマホに保存し、現場に着く前におさらいする。

 ⇒頻繁に出撃できない

  (人数が少ないので顔を覚えられる可能性高い)ので

  必ずセリフを忘れているため。  

 

・座学のときはwifiをオフにする。

 ⇒すぐにブラウザのアイコンをクリックして

  ネットサーフィンしてしまうから。

 

<私は何をやってもダメなひと?>


会社ではみんな自分より頭がいい気がするし、

物覚えが悪い。そしてゲットもできていない。

 

しかしなかなか習得できなかったものは、

人より上手に教えることができている気がする。

なんとなくの部分について説明できるときがある。

 


短期間でやろうとすると難易度は跳ね上がり、

ミスは許されない。ここに価値があり、

本物の実力・本当に必要なものが

身に付くのだと思っています。

 

声掛けは、タダで新規女性と接触できるから

やめられないし、やめたいと思ったことはない。

 

昔からやりたいと思っていたことなので

満足のいく結果を手に入れられるまで

時間・体力・資金をつぎ込んでいきたいと思います。